芸能

深田恭子結婚相手は杉本宏之?経歴・現在の職業・年収は?馴れ初めや交際期間を調査!

 

今年5月に「適応障害」を公表し、現在活動休止をしている深田恭子さん。

一時は、そのニュースに心配を寄せる声が多数ありました。

そんな中、最近再び話題となっているのが、深田さんの交際相手だと言われている杉本宏之さんの会見での発言についてです。

杉本さんは俳優やタレント、歌手などではないため、あまりご存じない方も多いのではないでしょうか?

今回は、杉本宏之さんの経歴や現在の職業、年収、そして深田さんとの馴れ初めや交際期間について詳しくご紹介していきます。

 

深田恭子の結婚相手は杉本宏之?交際は確実?

深田恭子さんと杉本宏之さんが初めてスクープされたのは2019年のことです。

スクープ後、東京都内での目撃が多数あり、2019年には高級ブランド「ハリーウィンストン」の店内でお二人の姿が報道されていました。

このことから、交際は順調で結婚も近づいてきているのでは?と言われています。

先日、杉本宏之さんは東京都内で行われた応援型不動産クラウドファンディング「利回りくん」の発表会に出席されました。

その際、報道陣から「プライベートで支えている人は?」という質問を受け

「お答えが難しいんですけど、支えていきたいですね」と答え、

深田恭子さんとの交際についての質問には

「ありがとうございます」と答えたことから、交際を事実上認めた!と話題になりました。

 

杉本宏之 プロフィール・経歴

杉本宏之プロフィール
  • 生年月日   1977年6月25日
  • 出身地    茨城県守谷市
  • 職業     起業家株式会社シーラホールディングス(旧SYホールディングス)取締役会長

ここに本文を入力

生まれは茨城県ですが、育ちは神奈川県川崎市でした。

父親は不動産を経営していましたが、杉本宏之さん4歳の頃に倒産。

幼少期は貧しい生活をしていたそうです。

8歳の頃、事故に遭い足を怪我し入院をして歩けるようにはなったものの、左足の指の神経は未だに戻っていません。

高校は奨学金制度を使って川崎総合科学高等学校情報工学科に進学しました。

大学進学を目指していましたが、一刻も早く職に就きたいと思ったため、専門学校へ進学しました。

そして、合格率がたった15%という「宅建主任者資格」の試験に合格し、22歳の時に投資用ワンルームマンション販売会社でトップ営業マンとなりました。

22歳で年収およそ2000万を稼ぎ、裕福な生活をされていました。

24歳の時には「株式会社エスグラントコーポレーション」を立ち上げ、名古屋証券セントレックス市場に業界史上最短、最年少で株式会社の上場を果たすというエリートっぷり。

しかし、そんな絶好調の日々も束の間、2008年のリーマンショックにて会社は倒産。

約400億円もの負債を抱えることになりました。

そして2010年に「株式会社SYホールディングス(現シーラホールディングス)」を立ち上げ、代表取締役社長を務めました。

 

 

杉本宏之の現在の職業・年収は?

杉本宏之さんは現在、2010年にご自身で設立された「株式会社シーラホールディングス(旧SYホールディングス」の代表取締役会長をしています。

取締役社長を経て、若くして会長になられているんですね。

この杉本宏之さんの会社は、2021年現在年商200億円を超える会社に成長しているそうで、代表取締役会長を務めている杉本宏之さんの年収はおよそ5億、あるいは5億以上ではないかと想定します。

 

 

 

杉本宏之の画像は?

杉本さんはTwitterをされており、先日の会見時の写真をアップしていました!
こちらが最近の、杉本さんのお写真となります。

画像:Twitterより

爽やかでカッコイイですね!!

 

深田恭子と杉本宏之の馴れ初めや交際期間は?

深田さんと、杉本さんが出会ったのは2018年11月と言われています。

出会った場所は、杉本さんが経営する会員制のワインバー。

杉本さんは、もともと深田さんのファンであったそうで、深田さんがお店に現れると深田さんの生まれ年である「1982年産のブルゴーニュの赤ワイン」をプレゼントし、親交が深まったそうです。

2019年1月に熱愛がスクープされましたが、その時は交際2ヶ月だと報道されていたため、出会ってすぐに交際がスタートしたと考えられます。

そのため、おそらく2021年6月現在で交際2年7カ月ごろではないかと推測されます。

 

まとめ

2019年の1月に熱愛報道をされた、深田恭子さんと杉本宏之さん。

先日、杉本さんが自身の会見にて報道陣からの質問で、深田さんとの交際を事実上認めたような発言がありました。

杉本さんは、合格率15%ほどと言われている「宅建主任者資格」の資格を持ち、22歳という若さで年収およそ2000万円を稼ぐトップ営業マンになります。

24歳で起業し、業界史上最短、最年少で株式会社の上場に成功しました。

その後、会社は倒産し約400万円の負債を抱えましたが、2010年に現在ご自身が代表取締役会長を務めている会社を設立し、現在の年収は5億越えだと想定されます。

二人の出会いは、ワインバーで親交後すぐに交際スタートしたと言われています。

深田恭子さんを心身ともに支えて行って欲しいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。