11月10日 10:02
芸能・エンタメ

トー横のハウル(小川雅朝)の死因や病名は何?体調急変とは?

東京・歌舞伎町の「トー横」で知り合った少女にみだらな行為をしたとして逮捕・起訴された『トー横のハウル』こと小川雅朝被告が、東京拘置所で亡くなっていたことがわかりました。

拘置所で亡くなったという事で報道では体調急変とのことですが、死因や病名は何なのか気になりますよね。

早速調べてみたいと思います。

この記事でわかること

  • トー横のハウル(小川雅朝)の死因や病名は何?
  • トー横のハウル(小川雅朝)はどんな人物?
  • トー横のハウル(小川雅朝)の体調急変とは?

トー横のハウル(小川雅朝)の死因や病名は何?

トー横のハウル(小川雅朝被告)の突然の死で、死因や何か病気を患っていたのかが気になりますよね。

現在はトー横のハウルの死因や病名については公表されていません。

報道では「体調が急変した」という事だけ明かされています。

今後、情報が入り次第更新していきます。

 

 

トー横のハウル(小川雅朝)の体調急変とは?

トー横のハウル(小川雅朝)が亡くなったことについて、以下の様に報じれらています。

通称“トー横のハウル”が15日、東京拘置所で死亡したことがわかった。

拘置所内で体調が急変したとみられ、原因の詳細はまだわかっていない。

引用:週刊女性PRIME

 

「体調が急変」ということから、何らかの病気をハウルは患っていたのか?という事が話題となっています。

 

ですが、どれも事実かどうかは不明で憶測となっています。

一体ハウルに何が起きたのか、今後の調査によって何かしら発表があるかもしれません。

 

トー横のハウル(小川雅朝)はどんな人物?

トー横のハウル(小川雅朝)は、新宿歌舞伎町のトー横エリアで行き場のない未成年の少年少女たち(トー横キッズ)に炊き出しを行うボランティア団体「歌舞伎町卍会」の総会長でした。

トー横のハウルは、複雑な家庭環境で育ち、両親から離れおじさんの家に預けられるなどして家を転々としていたそうです。

以前は介護士をしていたこともありましたが、トー横でボランティア活動をする前は、歌舞伎町でホストをしていました。

トー横のハウルは腕に和柄の刺青が入っていましたが、その彫り師の見習いをしていて、それがハウルの収入源だったそうです。

ハウルの活動はNHKの『クローズアップ現代』にも特集をされたことがありました。

そのクローズアップ現代の取材時に、本名を明かす代わりに自信の名前を「ハウル・カラシニコフ」と答え、『トー横のハウル』として世間に知れ渡ることとなったのです。

10:11