芸能・エンタメ

ヒカキン不審者の犯人は誰で名前特定?放送事故で警備の甘さに批判の声殺到!

人気YouTuberのヒカキン(HIKAKIN)さんが、2022年8月14日に東京・国立代々木競技場の第一体育館で開催された『オールスター大運動会@代々木競技場』中に、ヒカキンさんが不審者に接触されるという事件がありました。

その不審者は傘をさしてステージ上に上がり、ヒカキンさんに肩に手を回し何やら言葉を発していました。

その動画を見た視聴者からは「放送事故だ!」「ヒカキン無事でよかったけど、警備が甘すぎてヒドイ!」などの声も殺到していました。

ヒカキンさんを襲った不審者は誰なのでしょうか?

その後、不審者は警察に逮捕されたと報道されていましたが、名前は特定されているのかも気になります。

今回は、「放送事故ヒカキン不審者動画の犯人は誰で名前特定?警備の甘さに批判の声殺到!」と題してお送りします。

【放送事故】ヒカキン不審者動画の犯人は誰で名前特定?

まずはヒカキンさんが不審者に襲われた際の動画をご覧ください。

この動画は2022年8月14日(日)に代々木第一体育館で開催された『オールスター大運動会@代々木競技場』の生放送中の動画です。

不審者は突然ステージ上に座っているヒカキンさんの横に現れ、ヒカキンさんの肩に腕を回してきます。

この状態でヒカキンさんは何が何だかわからないという表情で固まっています。

そして不審者はヒカキンさんのマイクを奪いこう言い放ちます。

「みなさーん!はじめましてー!えーと、僕、世界一かっこいい男になりまーす。」

ステージ上に現れた時点ですぐに不審者を取り押さえたり、ヒカキンさんから離さないスタッフ側の対応も謎ですよね。

ヒカキンさんのマイクを取り上のような言葉を発している途中でマイクをスタッフに奪われ何やら後ろで抑えられているのですが、不審者は暴れているようにも見えます。

この後、複数のスタッフによって不審者は取り押さえられ、警察署に引き渡したとのことです。

ヒカキンさんはじめ、スタッフにけが人などはいないそうなので、そこは安心しましたね。

 

不審者は誰?名前は特定?

ヒカキンさんを襲った不審者は誰で名前などは特定されたのか調べてみましたが、ヒカキンさんの所属事務所「UUUM」は以下の様に報告をしています。

本日開催のイベントで発生した事件について

本日、代々木競技場第一体育館にて開催した「オールスター大運動会@代々木競技場」第二部の上演中に、ステージに不審者が侵入し、当社専属クリエイターHIKAKINに接触しました。
HIKAKINをはじめとした出演者の皆さま、ならびに、ご来場の皆さま、配信をご視聴の皆さまにご不安ご心配をおかけしたことにつきまして深くお詫び申し上げます。

当該事件発生直後、侵入者を複数スタッフにて取り押さえ、所轄の代々木署の警察官の方々へ引き渡しました。現在も警察官により身柄を取り押さえられておりますので、ご安心ください。

今後は、警察の捜査にお任せすることになりますが、内容についてご報告可能となりましたら、改めてお知らせいたします。

なお、本件によりHIKAKIN、出演者、スタッフなどにもいまのところ怪我などは発生していない状況です。

ご不安に感じられた皆さまに向け、できるだけ早くご報告させていただきたく考え、現時点でご報告できることが以上となりますが、ご理解いただけますと幸いです。

引用:https://www.uuum.co.jp/2022/08/14/84552より

 

現在(8月17日時点)では、警察によって取り調べを行っているため、不審者の身柄や名前などはまだ公開されていませんでした。

ですが、動画には顔もはっきり映っていますし、年齢は10代~20代くらいでしょうか。

名前やどんな人物か特定されるのも時間の問題だと思われます。

今後捜査が進むにつれて発表があると思いますので、その際は追記していきます。

 

追記:不審者の侵入方法を所属事務所が報告

捜査が進むにつれ、ヒカキンさんの所属事務所は不審者の侵入した経緯を報告しました。

本イベント運営に際し、当社および運営委託先である株式会社ディスクガレージ、株式会社ポニーキャニオンと協議の上、当該会場で実施される大多数のイベントと同等の警備体制を敷いておりました。従って、チケットを所持せずに会場建物に立ち入ることができない導線設計を確立しておりました。

しかしながら、当該不審者の会場建物への侵入が、チケットを所持され建物内に入場済みのお客様を利用する形で行われ、その方法が相当に特殊であったことが判明しており、この点については、運営委託先各社と重要な課題として喫緊の対策が必要と考えております。

引用:https://www.uuum.co.jp/2022/08/15/84614より

 

今回のイベントは、全席指定の有料イベントでした。

なんと乱入した男性はチケットを所持しており、観客という形で会場に侵入したそうです。

会場内は一般客と関係者と立ち入り可能なエリアが通行パスによって明確に分けられていたそうです。

ですが、男性はパスチェックゲート以外の場所を突破しステージ上に現れたそうです。

この点について運営委託先の株式会社ディスクガレージは、警備の体制の不備を認めており、警備体制の強化・改善に取り組んでいくと報告しています。

 

 

『オールスター感謝祭』警備の甘さに批判の声殺到!

ヒカキンさんに何も怪我などが無かったことが何よりでしたが、この生放送を見た視聴者からは警備の甘さに批判の声が殺到していました。

 

特に多かったのは、

「安倍元総理の事件があったのに、警備甘すぎるし活かされてない」

「事故ではなく事件でしょ」

「なんですぐに捕まえないの?」

などと言った、今の時代は本当に恐ろしいことが現実に起こることがあり得るにもかかわらず、周りのスタッフや出演者に対して批判の声が多かったです。

 

 

この事件後、ヒカキンさんは公式Twitterで皆さんに報告していました。

 

本当に無事で何よりですね。

 

また8月15日の深夜に、ヒカキンさんは自身のYoutubeチャンネルでも「無事でした、ご心配ありがとうございます」と心境を配信しました。

今回の事件は、本当に特殊な方法でステージ上に犯人が侵入したそうで、セキュリティは徹底していたが、防ぎ切れなかったという事です。

ですが、「被害に遭ったのが自分で良かった」「今回の件が今後に活かされれば」と話しています。

あの時の心境など細かく説明されているので是非ご覧ください。