天体観測

ふたご座流星群2021愛知(名古屋)で見える場所や方角・ピークの時間は?おすすめスポットも紹介!

毎年12月中旬ごろに見ることのできる「ふたご座流星群」

8月のペルセウス座流星群、1月のしぶんぎ座流星群と並び、三大流星群と呼ばれています。

また、冬の夜は空気が澄んでおり、夜の時間も長いため、星空観察にはぴったりの季節です!

好条件が重なれば、愛知(名古屋)でもたくさんの流れ星を見ることができます!

今回は、

  • ふたご座流星群2021愛知(名古屋)で見える場所や方角・ピークの時間は?
  • ふたご座流星群2021愛知(名古屋)でおすすめスポット
  • ふたご座流星群2020年の口コミ

などについてまとめてみたいと思います。是非参考になさってください。

ふたご座流星群2021愛知(名古屋)で見える場所や方角・ピークの時間は?

ピークは2021年12月14日(火)の夕方16時頃ですが、夕方に星空を見ることはできないので、ふたご座流星群を見るチャンスは、『12月13日(月)夜~14日(火)明け方』となります!

今回は12月13日・14日ともに26時ごろまで上弦過ぎの月明かりが空を照らすので、より流れ星を見やすいのは、月が沈んだ未明~明け方となります。

2021年ふたご座流星群見頃ピーク

2021年12月13日(月)深夜2時頃~14日(火)5時頃まで

ふたご座流星群は、好条件のときには1時間あたり50個以上見えることもあり、見晴らしが良いところでは1時間あたり40~60個ほどの流れ星が見られるとのことです。

また雲が少なく、光が強い流星はビル街など明るい街の空でも観測できたこともあるようなので、観察してみることもおすすめです。

夜間の屋外の暗さに目が慣れるまでに、時間がかかるので、最低でも15分くらいは観測を続けたいですね。

寒い時期なので、防寒対策は万全で星空観測に望みましょう!

 

 

ふたご座流星群2021愛知(名古屋)でおすすめスポット

ふたご座流星群をきれいに見るためには、どこで見るかが大切です。

愛知県内できれいに見れるスポットをいくつか調べてみました!

茶臼山高原

〒449-0405 愛知県北設楽郡豊根村坂宇場御所平

茶臼山高原公式HP

茶臼山高原は、冬場になるとスキー場が開設される、オールシーズン遊べる高原となっています。

他にも温泉施設やレストランなども併設されています。

2020年夏のペルセウス座流星群もきれいに見えていたので、星空観察を行うのにぴったりのスポットです!

スターフォレスト御園

〒449-0201 愛知県北設楽郡東栄町御園野地91−1

スターフォレスト御園公式HP

スターフォレスト御園は、標高650mの高地にある、全国屈指の夜空が望める絶好の天体観測スポットです。

公共の宿泊施設で、プラネタリウムや望遠鏡なども設置されています。コロナ禍以前は、星空観望会も行っていました。

伊良湖岬

〒441-3624 愛知県田原市伊良湖町

伊良湖岬公式HP

太平洋から伊勢湾・三河湾までを一望できる、渥美半島先端にある伊良湖岬には、最先端に真っ白な灯台があり、写真映えするスポットです!思い出に残る灯台として「日本の灯台50選」にも選ばれています。

また、恋路ヶ浜があり「恋人の聖地」としてカップルに人気のスポットですが、星空がキレイに見えると人気があります。

稲永公園

〒455-0845 愛知県名古屋市港区野跡5丁目

稲永公園公式HP

名古屋市内でおすすめのスポットは、稲永公園です。

この公園は海沿いで遮るものがなく、街灯も少なめなので、名古屋市内の中では星空観察がしやすい場所です。

空が晴れていて雲なく条件がよければ流れ星が期待できるので、気長に星空観測を楽しみましょう。

 

ふたご座流星群2020年の口コミ

2020年のふたご座流星群は、名古屋市内では曇りで「見れなかった!」という方も多くいらっしゃったようですね。

名古屋市内でも、雲の切れ間を狙って辛抱強く観測を続けると、見れた方もいたようなので、2021年のふたご座流星群も天気次第では名古屋市内で流星群を見ることができるかもしれませんね!

 

 

まとめ

毎年12月中旬に見ることのできる『ふたご座流星群』。

2021年は、12月13日(月)深夜2時頃~14日(火)5時頃までが、見頃となっています。

名古屋市内からでも、天気によっては流星群を見ることができるかもしれません!

見頃は深夜となるので、防寒対策をしっかり行ってくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。