芸能

保釈金は後で返ってくる!納付出来ない場合は借りることも?伊勢谷友介は500万で保釈決定!

大麻取締法違反で逮捕・起訴された、伊勢谷友介被告(44)が、2020年9月30日に保釈されると決定しました。

保釈金は500万円とのこと。

芸能人や有名人の逮捕のニュースがあると、数日後に【保釈金】を納付すると保釈されますよね。

「お金があれば出てこられるんだ・・・」と、この制度には納得できない方も多いかと思います。

 

そんな保釈金ですが、実は保釈後、返ってくるらしいんです!!

「え?そーなの?!」

と、一般庶民は思ってしまいますよね!

この記事では、【保釈金】について、なぜ返ってくるのか、保釈金を借りることもできるらしいので、それらについて調べてみたいと思います。

 

保釈金とは

よくニュースなどで、

「被告人が保釈金300万円を支払って保釈された」

などの報道を目にするかと思います。

お金を払えば悪いことをしても釈放されるのか

と思いがちですが、そうではなく条件などもあるようです。

保釈の申請を裁判所に行い、裁判所が保釈を認めた後に、保釈金額も決定します。

その金額を裁判所に納めると、保釈されます。

 

保釈の条件

裁判所からの条件を守らなければ、保釈は許可されません。

証拠隠滅や逃亡、裁判に必ず出席するなどの条件です。

なぜ、保釈金という制度があるのか、それは保釈時の条件を違反させないために保釈金を納付させ、人質にとっておくというような意味があります。

この条件に違反した場合には保釈は取り消されてしまい、再び身柄拘束を受けてしまいます。また、後に全額返ってくる保釈金も没収されてしまいます。

なので、保釈金は「人質」のような物ですね。

 

保釈金は後で返ってくる

基本的に保釈金は、返ってきます。

「多額の保釈金で裁判所は儲かっている」

と思ってしまいがちですが、それは無いようです。

被告人が保釈後、逃亡をしたり、証拠隠滅などの行為をせず、無事に裁判が終了すると、保釈金は全額返ってくるんです。

返還方法の多くは、担当弁護人に振り込まれるそうです。

保釈金が返ってこないこともある

次の場合、保釈金が返ってこないこともあります。

・被告人が裁判に出頭しない

・被告人の逃亡・逃亡の疑いがあるとき

・証拠隠滅・証拠隠滅の疑いがあるとき

保釈時に課せられた約束を守らなければ、保釈金は没収されます。

 

保釈金の相場

保釈金の相場は150~300万円が多いらしいですが、事件の大きさ、経済力の有無などによっても変わってくるそうです。

事件が大きければ、それだけ判決が下されるまでも時間がかかります。

そのため、途中で逃亡しないかや、証拠隠滅などを行わないように保釈金額も大きくなります。

約束を破らなければ保釈金は返ってきますので、違反をしないようにするためです。

また、経済力がある被告人だと300万くらいなら痛くも痒くもない場合があるため、保釈金はかなり高額になります。

その被告人にとって、没収されたら困る金額が、保釈金に設定されます。

 

伊勢谷友介は保釈金500万円納付で保釈!

大麻取締法違反の罪で9月29日に起訴された俳優の伊勢谷友介被告(44)に対し、東京地裁は、保釈保証金500万円で保釈を認める決定をしました。

起訴にあたり、伊勢谷友介容疑者は直筆の謝罪文を発表しました。

伊勢谷友介直筆謝罪文全文

画像引用:Twitterより

謝罪文を発表しましたが、入手ルートなどの肝心な情報は黙秘しているそうです。

本当に反省しているのでしょうか。。。

 

芸能人の保釈金額まとめ

他の芸能人が過去に薬物違法によって、逮捕~保釈された際の保釈金をまとめてみました。

小向美奈子 200万円
田口淳之介・小嶺麗奈 各300万円
槇原敬之 300万円
ピエール瀧 400万円
沢尻エリカ 500万円
清原和博 500万円
高知東生 500万円
酒井法子 500万円
ASKA 700万円

ASKAさんの700万円に対し、槇原敬之さんの300万円というのが驚きです。

にしても、芸能人はさすがお金を持っているんだなーという印象ですよね。

ですがこの保釈金、払えない場合の対処法もあったんです!

保釈金を立て替えてくれる制度がある

保釈金の納付は、分割などは出来ず、満額を一括で納めなければなりません。

ですがその、保釈金を用意できないという時に、立て替えてくれる制度があるんです。

それが「日本保釈支援協会」という機関の制度です。

日本保釈支援協会

・立て替える金額は500万円まで

・立替は2か月単位。2か月を超えた場合には、2か月更新

・2か月ごとに、立替額50万円につき、1万2500円の手数料がかかる

メリットは、手元にすぐお金が用意できない場合にも、保釈金を納めることができます。

また、銀行よりも審査が緩く、通りやすいという事です。

 

またデメリットもあり、

・必ず本人以外の家族が申込みをしなければならない

・保釈金が没収された場合には、その申込みをした家族が保釈金を返済する義務を負う

・手数料がやや高く、2か月以上保釈が続き事件では負担が大きい

という点に気を付けなければなりません。

この制度は被告人本人は申し込めないので、それを引き受けてくれる家族がいるかどうかですね。

 

まとめ

保釈金についてまとめてみました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。