テレビ

【青天を衝け】草彅剛はいつから(何話から)登場?徳川慶喜役の撮影初日の感想も!

 

2021年2月14日(日)からスタートするNHK大河ドラマ「青天を衝け」草彅剛さんが徳川慶喜(とくがわよしのぶ)を演じると話題になっていますね!

そんな草彅剛さんは、いつ(何話)から登場するんでしょうか?

また、ドラマ出演が久しぶりの草彅剛さん。撮影初日の感想などもまとめてみたいと思います!

 

【青天を衝け】草彅剛の役は徳川慶喜

徳川慶喜(とくがわよしのぶ)とは

徳川斉昭の七男に生まれ、一橋家を継ぎ、徳川幕府最後の将軍へ。側近・平岡円四郎の目利きで渋沢栄一と出会い、財政改革に手腕を発揮した栄一を重用する。幕府終焉(しゅうえん)の時を迎えてからも、慶喜と栄一の厚い信頼関係は終生に及んだ。

引用:NHKドラマトピックスより

画像引用:NHKドラマトピックスより

 

徳川慶喜は、、江戸幕府第15代征夷大将軍で江戸幕府最後の将軍かつ日本史上最後の征夷大将軍ですが、これまでの大河ドラマでも描かれ方が難しい人物だったそうです。

どんな慶喜になるのか楽しみです!

草彅剛さんの演じる徳川慶喜は必見ですね。

 

【青天を衝け】草彅剛の登場はいつ(何話)から?

大河ドラマは約1年の放送となりますが、草彅剛さん演じる徳川慶喜はいつ(何話)から登場するのでしょうか?

【青天を衝け】は吉沢亮さん演じる「渋沢栄一」の破天荒な人生を描いた物語です。

渋沢栄一は徳川慶喜との出会いで日本の未来さえも変えてしまうのです。

それだけ今回の大河ドラマでは重要人物の「徳川慶喜」なので、登場は物語の序盤になる可能性は大きいのでないでしょうか。

調べてみましたが、はっきりとした出演時期は公開されていませんでした。

 

主演の吉沢亮さんのインタビューによると、

草なぎとの共演シーンについて現段階では、第1話での出会いと、その後すれ違うシーンを撮影しただけと明かした吉沢。「せりふのやり取りや撮影外で話したりするのはまだなんですが、最初に出会うシーンで草なぎさんが持っているオーラはすごいものがありました。こちらが熱量をぶつけるシーンだったんですが、草なぎさん演じる慶喜の存在感に負けられないと思いました。草なぎさんのおかげで良いシーンになりました」と胸いっぱいに語った。

引用:ORICON NEWSより

このようにおっしゃていたので、第1話に草彅剛さんが登場する可能性は高いと思います!

 

また、第1話では、徳川慶喜の幼少期も描かれるようです。

父親役の竹中直人さん・側近役の渡辺いっけいさん・津田寛治さんなどが子役の方との撮影が行われた情報がありました。

幼少期が終わってから草彅剛さんの登場となると思うので、1話から見逃せませんね!

【青天を衝け】草彅剛の幼少期を演じたのは誰?吉沢亮と同じ事務所の後輩だった! 2020年2月14日(日)からスタートするNHK大河ドラマ【青天を衝け】ですが、豪華キャスト陣が続々と発表され話題となっ...

 

【草彅剛】初日撮影の感想

草彅剛さんの撮影初日は、2020年10月14日だったそうです。

大河ドラマはさすが、撮影も早いんですね!

草彅剛さんは撮影を終えて、このように話されていました。

めちゃくちゃ緊張した。ドラマは本当久しぶりで、映画「台風家族」も「ミッドナイトスワン」も全編ロケだったから、スタジオに入って、カメリハとかしっかりあって、終わったら自分の楽屋があるっていう感覚がすごく新鮮で。「嘘の戦争」(17年フジテレビ系)以来かも。大河ドラマは規模も大きいしセットも豪華。小道具から何から本物なんだよね。そういう中でお芝居ができているという幸せな気持ちもあるし、それ故に緊張感も倍増する。セリフ回しも難しいじゃないですか。いっても、そんな時代劇の経験があるわけではないので、改めて所作も言葉遣いもいろんな指導の方々に一から教えていただく感じです。だからこそ、OKをもらったときはうれしくて、初心に帰るというか、真っさらな気持ちの僕がいる…。

引用:Yahoo!ニュースより

 

久しぶりのドラマで草彅剛さんほどの方でも緊張するんですね!

 

大河ドラマ【青天を衝け】とは

【青天を衝け】は、江戸時代の話で、今の埼玉深谷市の農家に生まれた「渋沢栄一」が江戸幕府最後の将軍「徳川慶喜」に仕えた後、明治維新を経て、実業家になり約500の企業の設立や育成に関わり、『近代日本経済の父』と言われた渋沢栄一の生涯を描くドラマです。

 

【青天を衝け】草彅剛出演 ネットの声

まとめ

映画の撮影は行っていたようですが、民放ドラマは久しぶりの草彅剛さん。

いつ(何話)から登場するか、はっきりとした情報はまだありませんでしたが、重要な役なので1話から見逃せませんね!

演技力も高く、制作側の期待も大きい役なので楽しみです!

最後までお読みいただきありがとうございました。