グルメ

マックフライポテトSサイズのみの販売でセットではどうなる?原因は何?

マックフライポテトが、2021年12月24日(金)~30日(木)まで『Sサイズのみの販売』となります。

マックのポテトは、食べだすと止まらない、マックではなくてはならないメニューなのでこのニュースには驚きです!

この記事では気になる、マックフライポテトSサイズのみの販売で

・セットではどうなる?

・原因は何?

についてまとめてみたいと思います。

マックフライポテトSサイズのみの販売でセットではどうなる?

マクドナルドは2021年12月21日(火)に、期間限定でマックフライポテトのサイズをSサイズのみの販売とすると発表しました。

Sサイズのみの販売期間:2021年12月24日~12月30日(木)まで

(終了日は変更になる可能性もあり)

セットもSサイズのみ

マックフライポテトのSサイズのみの販売は、セットでもSサイズとなります。

また、夜マックの「ポテナゲ大」「ポテナゲ特大」は販売中止となります。

 

マックフライポテトのサイズでは、どのくらいの量の違いがあるのでしょうか。

 

マックフライポテト(L)・・・170グラム

マックフライポテト(M)・・・135グラム

マックフライポテト(S)・・・74グラム

MサイズはSサイズの倍とはいきませんが、この差は結構大きいですよね。

Sサイズは子供たちに人気の「ハッピーセット」に入っている量です。

男性は特に足りないという方も多いのではないでしょうか。

 

マックフライポテトSサイズのみの販売|原因は何?

マックフライポテトがSサイズのみの販売となる原因は何なのでしょうか?

原因は、マクドナルドは北米からポテトを輸入しているのですが、船便の経由地であるカナダ・バンクーバー港近郊で、大規模な水害・コロナ禍の影響で物流の混乱で輸入遅延が発生しています。

マクドナルドは今後もポテトをするために、一時的に販売量を抑え供給していくためにこのような対応となったようです。

あえて「値上げ」ではなく、販売の量を抑えるという方法は、ある意味良心的な対応なのではないでしょうか。

 

世間の反応

 

まとめ

マックフライポテトが12月24日~30日までSサイズのみの販売となります。

ちょっと驚きですが、コロナの影響が私たちの身近な所にまで来たという感じですね。

一週間程度の期間で終了することを願いたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。