テレビ

めざまし8で紹介!家族で楽しめるボードゲームベスト3!通販情報・遊び方も紹介!

 

2021年5月5日の「めざまし8」で3時のヒロインが紹介していた、【家族で楽しめる”新作ボードゲームベスト3″】どれも楽しそうでしたね♪

巣ごもり生活がまだまだ続きそうな今、子供から大人まで楽しめるアイテムばかりだったので、自宅時間に飽きている方は要チェックですよ!

600種類ものボードゲームを取り揃えている玩具屋『すごろくや(高円寺店)』の代表取締役社長が選んだベスト3をまとめていきます。

通販情報や遊び方もご紹介したいと思います!

 

【ナンテッタ】 感受性を育む新感覚かるた

  • 対象年齢:4歳~大人
  • 人数:3~7人
  • 所要時間:約10分
  • 定価:1,980円(税込)
「ナンテッタ」遊び方

ひとりずつ代わりばんこに、他のみんなにセリフを考えて伝える〈読み手〉役になります。

読み手は、場のカードのうち1枚を心の中で選び、そのカードに描かれた吹き出しに入りそうなセリフを考えて発表します。描かれたキャラクターの表情や、置かれている状況を観察して自分なりに気持ちを考えてみましょう。考えた気持ちを伝えるためにはどんなセリフがぴったりでしょうか?

他のみんなは、発表されたセリフを頼りに正解のカードを探します。

〈読み手〉が発表したセリフから気持ちを想像して、あってそうな絵を探さなくてはいけません。〈読み手〉の口ぶりもヒントになるかもしれません。机に並んだ絵をよくみて、正解を探しましょう。

引用:すごろくや


ナンテッタ


【スピニングアドベンチャー】
回転コマで段差ボードを巡らせるゲーム

  • 対象年齢:8歳~大人
  • 人数:1~4人用
  • 所要時間:約20分
  • 定価:3,960円(税込)
「スピニングアドベンチャー」遊び方

スタート地点でコマを高速回転させ、段差ボードを傾けてコマを滑らせるように動かし、チェックポイントを目指します。

ボード内のチェックポイントを達成し終えたら、コマを次のボードに移動させなければなりません。次のチェックポイントのボード担当者と連携し、ボード端から次のボードのスタート位置へと、コマをこぼさないように受け渡します。

各ボードには2段分の段差があります。基本的にはジャンプは禁止されているので、通常、コマは最下段を進むことになります。しかし、うまく動かさないと、段差の壁に当たりながら進むことになり、すると、その都度コマの回転が弱まってしまいます。また、ところどころに、ハマって抜け出せない窪みや障害物なども点在しています。

もしコマの回転が止まってしまうと、貴重な、数個しかない魔法のポーションを使って復活しなければなりません。さらに、所定の位置からやり直すことにもなります。

コマを止めようにしながら、魔法のポーションを使い切るまでにすべてのチェックポイントを通過できれば、ミッションクリアです。

引用:すごろくや

 


スピニングアドベンチャー 800694 【すごろくや/】【457134580069 4】

 

【ゆっくり行こうぜ!】
急ぐと負け!の我慢くらべレース

  • 対象年齢:6歳~大人
  • 人数:2~4人
  • 所要時間:約15分
  • 定価:2,750円(税込)
「ゆっくり行こうぜ!」遊び方

野菜畑を舞台にした、かたつむりたちの「遅いもの勝ち」レースゲームです。

1人ずつ代わりばんこに、自分の手札2枚から1枚選んで出すことで、そのカードに描かれた野菜の直近マスのところに、自分のかたつむりコマを一気にジャンプさせるように進めてから手札を1枚補充、をくり返していきます。

このゲームでは、普通のレースゲームとは違い、いち早くゴールすると「脱落」として負けが確定してしまいます。

最後の最後にゴールする1人になれるよう、できるだけ進まないような野菜カードを選びましょう。

しかし、1つのマスには誰か1人分のコマしか居られません。もし、「直近」だと思っていた野菜マスに他の人のコマが居る場合には、さらにその先の該当する野菜マスにジャンプしなければなりません。

カードには野菜以外にも特別なカードが3種類あり、コマを進ませる代わりに使います。タイミングを見計らってじょうずに使っていきましょう。

こうしてゲームを進めていき、ゴールを越えて「たどり着いてしまった」コマの人から脱落していき、最後に残った1人が優勝です。

 

5月5日現在、すごろくや・楽天・amazon、その他の通販サイトでは売切れとなっていました。

それだけ人気の商品のようです!