お役立ち情報

ペルセウス座流星群2022 神奈川(横浜)で見える方角・ピーク時間は?おすすめ穴場スポットも!

毎年8月頃に観測できるペルセウス流星群。

年に一度しかないチャンスなので、ペルセウス流星群2022を見てみたい!という方も多いかと思いますが、ペルセウス座流星群2022は、神奈川(横浜)のような都会でも星は見ることができるのでしょうか。

【8月12日追記】

8月12日(金)に日本の南で台風8号が発生し、13日(土)頃に東日本に接近・上陸のおそれがあります。

台風8号の影響で12日(金)~13日(土)の明け方にかけて関東を中心に東北南部~近畿地方で雲が広がりやすくなるため、観測は難しいかもしれません。

ですが、雲の状態によっては観測も可能になりますので、最新の天気予報をご確認ください。

 

神奈川(横浜)でペルセウス座流星群2022が見える方角やピーク時間はいつ頃なのでしょうか。

また、観測できるおすすめ・穴場スポットなども気になりますよね。

そこで今回の記事では、

・ペルセウス座流星群2022 神奈川(横浜)での見える方角・ピークの時間
・ペルセウス座流星群2022 神奈川(横浜)のおすすめ、穴場スポット

について紹介していきます。

ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)で見える方角・ピークの時間は?

ペルセウス座流星群2022を神奈川(横浜)から見る場合、どの方角でも観測することができます。

なかなか見つからない場合は、放射点となる北東を見るのがおすすめです。

 

また、ペルセウス座流星群2022が見えるピークは、8月12日(金)~13日(土)の夜明けまでです。

13日の9時~10時がピーク時間となるのですが、この時間は日中明るくて星が見えない時間帯なので、実際に観測できるのは13日の明け方です。

空が白み始めるのが3時半~4時頃なので、この直前頃が最も見やすいピーク時間と言えます。

ただ、当日は満月で、月の明かりが邪魔する可能性があるので、月明かりを避けて観測する必要がありそうです。

 

ペルセウス座流星群2022 神奈川(横浜)で見るおすすめスポットは?

ペルセウス座流星群2022を観測するには、なるべく周りに光が少なく、空を広く見渡せるような場所を選ぶ必要があります。

ペルセウス座流星群観察が観察しやすい、神奈川(横浜)のおすすめスポットをご紹介します。

【こども自然公園】

・住所:神奈川県横浜市旭区大池町65-1
・駐車場:有(第一・第二・第三・臨時駐車場合わせて450台)

こども自然公園は、桜の名所でもある、自然にあふれた公園で、明かりも少なく流星群の観測がしやすい公園です。

相鉄線の南万騎が原駅から徒歩10分で行くこともでき、電車でのアクセスもしやすいです。

駐車場も多く整備されているため、小さいお子さんがいても車で向かうことが可能です。

 

【横浜港大さん橋国際客船ターミナル】

・住所:神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
・駐車場:有(400台)

横浜港は都会で明かりの多いイメージがあるかもしれませんが、ベイブリッジ方面を見ると光も少なく、空も広く見渡せるので、ペルセウス流星群2022も観測がしやすいです。

街中のためアクセスも良好です。

 

【臨港パーク】

・住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
・駐車場:有(100台)

 

臨港パークは芝生が広がっており、寝転びながら流星群の観測が可能です。海沿いの方は光も少なく、より観測がしやすいと思います。

近くに駐車場も多くあり、公園内にはトイレも3つあるため、長時間滞在することもできそうなスポットです。

 

ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)で見る穴場スポットは?

ペルセウス流星群2022が観測できる神奈川県(横浜)の穴場スポットをご紹介します。

【久良岐公園】

・住所:横浜市港南区上大岡東3丁目12-1
・駐車場:有(90台)

久良岐公園は自然に囲まれた静かな公園で、流星群の観測もしやすく、落ち着いて過ごすことができます。

公園内にはベンチもあるので、シートなどがなくても座って星空を眺めることができるので、お勧めです。

 

【阿久和富士見小金台公園】

・住所:神奈川県横浜市瀬谷区阿久和東2丁目61-1
・駐車場:無

阿久和富士見小金台公園は園内が広く、空が開けているので流星群の観測がしやすいです。

有名な観測スポットではないので、人が少なく落ち着いて観測できそうです。

 

【湘南国際村】

・住所:神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39
・駐車場:有(48台)

湘南国際村は横浜ではありませんが、三浦半島に位置した景色の綺麗な場所で、お昼から行っても楽しむことができます。

展望広場があり、夜景を見たり天体観測をしたりするにはぴったりな場所です。

 

ペルセウス座流星群2022神奈川(横浜)の天気は?

ペルセウス流星群2022の観測日の神奈川(横浜)の天気はどうでしょうか。

  • 8月12日(金)・・・曇り/降水確率10%
  • 8月13日(土)・・・暴風雨/降水確率80%
  • 8月14日(日)・・・曇りのち晴れ/降水確率10%

8月12日(金)に日本の南で台風8号が発生し、13日(土)頃に東日本に接近・上陸のおそれがあります。

台風8号の影響で12日(金)~13日(土)の明け方にかけて関東を中心に東北南部~近畿地方で雲が広がりやすくなります。

雲が広がりやすい天候ではありますが、雲の動き次第では流星群観測のチャンスはありそうです。

神奈川県(横浜市)の週間天気予報を見る

 

流星群観測におすすめグッズは?

ペルセウス座流星群2022を観測するにあたって、おすすめのグッズを紹介します。

星座早見表

星座早見表は天体観測をするにあたって、星の名前や星座を簡単に確認することができる便利グッズで、お子さんと一緒に行かれる際などにお勧めです。


双眼鏡

肉眼で星を観察するよりも、やはり双眼鏡を覗く方が、見える星の数が違うので驚くと思います。

よりたくさんの星を楽しみたい場合は双眼鏡を持って行くこともお勧めです。


虫よけスプレー

夏の夜は虫が多く、さらに自然の多いところだと虫にさされやすいです。虫にさされやすい人は虫よけスプレーの準備もお忘れなく。


断熱マット・アルミマット

レジャーシートでは地面の冷たさが伝わってしまうので、流星群を座ってみる場合には断熱マットを使うのがお勧めです。

大人が横になれるくらいの大きさのものを用意しておけば、寝転んで観測することもできます。


まとめ

神奈川(横浜)でのペルセウス座流星群2022の観測ピーク時間、見れる方角、おすすめ・穴場スポットについてご紹介しました。

ピーク時間は、神奈川(横浜)で雨は降らなさそうなのが幸いですね。

郊外よりは流星群が見つかりにくい可能性はありますが、都会でもペルセウス座流星群2022を観測できるところはたくさんあるので、是非探してみて下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました。