イベント

ペルセウス座流星群2022東京(関東)見える場所とピークの時間・おすすめスポットも!

三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」が、2022年8月13日頃に活動の極大を迎えます。

観測できる流星の個数は、年間でも1・2位を争う多さなので、東京(関東)でも流れ星を見るチャンスですね!

ペルセウス座流星群2022東京(関東)で見える方角とピーク時間をおさらいしておきましょう!

せっかくの夏休みなので、東京(関東)で見えるおすすめスポットや穴場スポットに行ってみたいですよね。

ペルセウス座流星群が見れる東京(関東)のおすすめ・穴場スポットを調べてみました!

星空観測で気になるのは当日の天気ですよね。

ペルセウス座流星群が見れる日、東京(関東)で晴れるのか調べてみました。

今回は、

  • ペルセウス座流星群2022東京(関東)で見える方角とピークの時間
  • ペルセウス座流星群2022東京(関東)で見るおすすめスポットは?
  • ペルセウス座流星群2022東京(関東)での穴場スポットは?
  • ペルセウス座流星群2022東京(関東)の天気は?

などについてまとめてみたいと思います。是非参考になさってください。

ペルセウス座流星群2022東京(関東)で見える方角とピークの時間

ペルセウス座流星群2022が東京(関東)で見えるピークの時間は、『2022年8月12日(金)夜~13日(土)明け方』です!

ペルセウス座流星群の放射点は、時間の経過と共に高く昇るため、少しでも多く流れ星を見たい方は、12日の深夜から13日の明け方にかけて、星空観測すると良さそうですね!

見える方角について、ペルセウス座流星群は、全天にまんべんなく流れるのが特徴なので、全天で見ることができます。

 

観察のポイント
  • 放射点の方向だけを見るのではなく、広い範囲を見る
  • 集中しすぎると視野が狭くなってしまうので、なるべくリラックスして空を広く見渡すようにする
  • 1つも見えないからと数分で諦めるのではなく、15~20分くらいは見上げてみる

 


 

この時期は、ペルセウス座流星群だけでなく、

  • 西の空には「夏の大三角」
  • 天頂付近には「秋の四辺形」
  • 南の空には「くじら座」
  • 北から東の空には「カシオペヤ座」や「プレアデス星団(すばる)」

など様々な星座を見ることが出来ます。

ゆったりと星々を楽しみながら、流れ星が飛ぶのを待ってみてくださいね!

ペルセウス座流星群2022東京(関東)で見るおすすめスポットは?

東京(関東)で星空観測ができるおすすめスポットをご紹介します!

➀武蔵野の森公園

住所:府中市朝日町三丁目、調布市西町、三鷹市大沢五・六丁目

武蔵野の森公園公式HP

武蔵野の森公園は、調布・府中・三鷹にまたがっている、とても広い公園です。

特に、大芝生広場は広い敷地が広がっていて、周辺に邪魔な建物などもないため、夜空の星がきれいに見えます。

また、調布飛行場に隣接しているので、飛行機の発着をみることもできます。

 

東京都内からも比較的アクセスしやすく、電車やバスなどの公共交通機関で訪れても良いですが、24時間営業の駐車場も完備されているので、ファミリーで車でお出かけするのも良いですね!

 

 

②奥多摩湖

奥多摩観光協会HP

都内でもNo.1と言われる天体観測スポットが「奥多摩湖」です。

都心からも比較的短時間で行ける距離ですが、大自然が待ち構えており、マイナスイオンたっぷりの自然豊かな場所です。

中でも星空観測にぴったりと言われているのが「月夜見第二駐車場」と「奥多摩湖ダムサイトパーキング」です。

どちらも車の駐車場なので、ドライブで向かって、車の近くから星空観測が出来るのも良いですね。

 

 

③高尾山

高尾山公式HP

言わずと知れたハイキングスポットで、昼間も多くのハイキング客で賑わっています。

都内から比較的アクセスしやすいですが、最寄の駅やケーブルカーからは、登山が必須になります。

星空観測をするには、ナイトハイクが必要なので、整備されている道ですが、登山に慣れた方と一緒に行くのが良いですね。

星空ももちろんキレイですが、夜景や夜明けの朝日もキレイなので、のんびり空を楽しむには良いスポットです。

 

ペルセウス座流星群2022東京(関東)での穴場スポットは?

東京近郊で、星空観測ができる穴場スポットをいくつかご紹介します!

都内から少し離れたスポットもありますが、夏休みを利用して、少し足を伸ばしてみるのも良いかもしれませんね!

➀東浪見海岸

東浪見海岸は、千葉県・九十九里浜の南にあります。

東京都内から車で1時間30分ほどで行くことができ、海岸の周りに駐車場も完備されています。

長く続く海岸線なので、周りを遮りものや、明るい建物もないので、広く空を見上げることができます。

この海岸では「東浪見の鳥居」が有名で、星空と鳥居は写真映えするキレイさです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

shuhei(@shu.i_o)がシェアした投稿

 

 

②目黒天空庭園

住所:目黒区大橋一丁目9番2号

目黒天空庭園公式HP

首都高速と山手トンネルを結ぶ大橋ジャンクションの屋上にあるドーナツ型の公園で、晴れた日には富士山まで見渡すことができます。

都心からも30分圏内で行くことができるので、かなりアクセスの良いスポットです。

屋上庭園なので、入園時間は21:00まで、天候によっては閉園することもあるので、お出かけの際にはご注意ください。

 

 

③戦場ヶ原

住所:栃木県日光市中宮祠

日光市観光協会HP

栃木県日光市にある大湿原です。

戦場ヶ原は電灯がなく、周囲に明るい照明の建物もないため、天体写真家から特に人気があります。

また、標高1,400mに位置しているため、澄んだ美しい星空を楽しめる点も人気の理由の1つです。

ペルセウス座流星群から夏の大三角形まで、ハッキリと見られる関東屈指の星空スポットです。

特に、三本松駐車場は、7月下旬から8月下旬のペルセウス座流星群の時期が特に人気です。

夜には、200台収容可能な駐車場が満車になるほど、多くのカメラマンが訪れ、駐車場とはいえ、標高が高く視界が開けているため、満天の星を楽しむことができます!

 

ペルセウス座流星群2022東京(関東)の天気は?

星空観測をするときに気になるのは、天気ですよね。

ペルセウス座流星群2022が見える日の東京(関東)の天気予報はどうなっているんでしょうか。

ペルセウス座流星群が見頃の2022年8月12日~13日の東京(関東)の天気予報は『晴れ』予想です。

日本気象協会で東京(関東)の天気予報を見る

降水確率も20%以内となっているので、天気は問題なさそうですね!

 

ただ、今回のペルセウス座流星群の見頃の日は、日本では満月の日となっています。

満月は一晩中夜空を照らし続けるため、星の光が負けてしまう可能性が高いです。

 

2022年8月12日~13日の月の動きは、12日の19:09頃に夜空に登り、13日明け方05:48頃に沈む予想です。

引用:満月カレンダー

 

ちょうどペルセウス座流星群の見頃の時間帯と、満月が登っている時間がかぶっていますね。

ただ、ペルセウス座流星群は三大流星群といわれており、ピーク時は1時間に30~50個程度の流星を見る事ができる、見応えのある流星群です。

天気は良さそうなので、星空観測のスポットを選べば、たくさんの流れ星を見れる可能性もあるので、チャレンジしてみるのも良いかもしれませんね!

まとめ

三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」が、2022年8月13日頃に活動の極大を迎え、流星群の見頃は、8月12日深夜~13日の明け方頃です。

三大流星群と言われるほど、たくさんの流星が流れるので、東京(関東)のような都会でも星空観測スポットを選べば、たくさんの流れ星を見ることができそうです。

ペルセウス座流星群が見える方角は全天で、広く空を眺めるようにして、観測するのがおすすめです!

 

東京都内で星空を眺めることができる場所もたくさんありますし、夏休み中なので、少し足を伸ばして、穴場のスポットまでお出かけするのも良いですね!

当日の東京(関東)の天気予報は晴れで、降水確率も20%以内の予報なので、天気は問題なさそうですが、残念ながらこの日は満月で、星の光が月に負けてしまう可能性もあります。

できるだけ街灯の影響を受けず、夜空が開けて見えるところで、ペルセウス座流星群を観察すると良さそうですね。

きれいな流れ星を見れますように!

最後までお読みいただきありがとうございました。