芸能

坂口健太郎の好きな女性のタイプや恋愛観は?歴代彼女は5人で高畑充希との破局理由は?


メンズノンノの専属モデルとして活躍していましたが、映画「ヒロイン失格」で俳優デビューをしてからは、月9ドラマや朝ドラなど、数々の作品に出演されている『坂口健太郎』さん。

甘いルックスと抜群のスタイルが評判の俳優さんですね。

今回は、坂口健太郎さんのプライベートに迫りたいと思います。

・坂口健太郎の好きな女性のタイプは?
・坂口健太郎の性格は?
・坂口健太郎の歴代彼女は5人!
・坂口健太郎と高畑充希の破局報道!理由は?
・坂口健太郎と永野芽郁の熱愛報道の真相は?

などについてまとめてみたいと思います。是非参考になさってください。


 

坂口健太郎の好きな女性のタイプは?

坂口健太郎さんは好きな女性のタイプについて複数の番組でお話しされていました。

2017年1月30日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)にゲスト出演された際に、好きなタイプを「白いワンピースに麦わら帽子が似合う女性」と紹介した坂口さん。

「海辺で、風が吹いてワンピースがちょっとヒラヒラしてる」と理想のシチュエーションを語り「右から風が吹いてて、体のラインにそってワンピースがペタッと張り付いて、もう片方がふわっとなってるじゃないですか。そのペタッていう所が好きなんです」

と具体的に説明しました。
さらに、番組では実際に白いワンピースに麦わら帽子をかぶった女性に、坂口が風を当てて再現。

横から風を受け、女性の体にワンピースが体に張り付くと、腰から脚のラインが浮き彫りに。

坂口は女性のそばに駆け寄り「そう!ここですね。ここ!ここ!」と手で示し、「あーいいね!」(徳井義実)「この張り付きね」(福田充徳)と番組を盛り上げていました。

 

また、2021年3月30日ViViでのインタビューでも、「日常生活の中で女の子にときめく瞬間はありますか?」との質問に、『ワンピースを着ている子のスカートが風に吹かれてボディラインにピタってくっついてるのを見るとなぜかドキっとしちゃう自分がいますね(笑)。』
と答えていました。こだわりが独特ですね! 『夏が似合う清楚な女性』というイメージでしょうか。ナチュラルな方がタイプのようですね!

 

 

坂口健太郎の性格は?

2021年3月23日放送の「人を見た目で判断するな!」(フジテレビ系)に、坂口さんが出演されていました。

番組内で、「好きな相手ができたら積極的になるか?」という質問には、『意外と空気読んじゃうタイプかもしれないです。』と返答していました。

坂口さんは恋愛に慎重なタイプらしく、『空気を読んだうえで、積極的にいったほうがいいなと思ったら積極的にいくし、あんまり攻めすぎちゃうと逆に距離とられちゃうかなって思うと、一歩引いちゃう。頭で考えちゃう(タイプ)かもしれないですね』と自身のことを説明していました。

また、坂口さんはどちらかといえばアウトドアよりインドア派で、音楽や映画鑑賞が趣味だそうです。

特に好きな音楽のジャンルは80年代の洋楽や邦楽が好きみたいです。小さな頃から本を読むのが好きだったのも、お母さん譲りで坂口健太郎さんに色々な本を薦めていたそうです。

見た目通り、優しくて慎重なタイプのようですね。趣味もインドア派でおっとりとした性格が伺えますね!

 

坂口健太郎の歴代彼女は5人!

大人気の坂口健太郎さんなので、もちろん芸能界でもモテる方なのではないでしょうか。

そこで、坂口さんの歴代の彼女を調べてみました。

歴代彼女1人目「菊池亜希子」

菊池亜希子さんは坂口健太郎さんより8歳年上。

坂口さんと菊池さんはこれまで共演することが多く、モデル出身という共通点もあるため、2人はとても仲が良いのだそう。

このことを交際の証拠とする方も多いみたいです。

噂では、菊池さんとは、2010年から2016年まで交際していたと言われていますが、菊池さんは2015年に結婚したため、信ぴょう性はかなり不確かですね。

 

歴代彼女2人目「波留」

 

View this post on Instagram

 

波瑠(@06_haru_17)がシェアした投稿

坂口健太郎さんは女優の波留さんとも交際の噂がありました。

スポーツ報知の報道によると、坂口健太郎さんはMen’s non-no、波瑠さんはnon-noの専属モデルとして共通点があり、波瑠さんの方からの猛アタックしたことで交際に至ったとのことです。

波瑠さんはスタッフに「何とかして坂口健太郎さんと飲み会をセッティングして!」と命令し、スタッフが飲み会に坂口さんを誘い出したことから二人の関係が急接近したといいます。

しかし、坂口さんも波瑠さんも報道があった次の日には早速否定していたので、熱愛の噂は信ぴょう性が低そうですね。

歴代彼女3人目「miwa」

 

View this post on Instagram

 

miwa(@miwa_official_38)がシェアした投稿

坂口健太郎さんとmiwaさんが出会ったのは2017年に公開された「君と100回目の恋」です。

この映画はダブル主演だったことから、撮影中も仲が良く、「交際しているのでは?」と噂が流れました。

さらに、記者会見の時、坂口さんがmiwaさんのことを呼び捨てにしたことで、それを聞いた観客をざわつかせたようです。

さらに、劇中歌をミュージックステーションで披露するため出演した際、miwaさんの坂口さんへの仕草が「恋人みたい!」と噂になりました。

SNSでは盛り上がりましたが、熱愛報道はされていないので、単に仲が良い友人の1人だったのかもしれません。

 

歴代彼女4人目「綾瀬はるか」

2人が共演したのは2018年公開「今夜、ロマンス劇場で」という映画です。

ドラマや映画がきっかけで交際がスタートしたという話はよくあることですね。完成披露試写会では綾瀬さんにケーキを食べさせてもらう、仲のよさを伺える写真もありました。


しかし、同時期に綾瀬さんは別の男性との熱愛報道があったので、坂口さんとはそういう関係ではなさそうです。

 

歴代彼女5人目「高畑充希」

 

View this post on Instagram

 

(@jumpeiyamada)がシェアした投稿

坂口健太郎さんと高畑充希さんは、2016年1月から放送された「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で初共演いています。

さらに、そのすぐ後の2016年4月から始まったNHK朝の連続ドラマ「とと姉ちゃん」でキスシーンもあったことなどから急接近し、2016年5月頃から交際が始まったと言われています。

連続ドラマだとほとんど毎日顔を和合わせることになるので、恋愛に発展しそうですね。

また、2017年2月2日に行われた第41回エランドール賞新人賞を坂口さん、高畑さん2人同時に受賞しました。

授賞式で交際について、坂口さんは、

「仲良くさせていただいております。みんなでご飯を食べに行くこともあります。」

高畑さんは、

「二人でスピーチ何話そうと相談しました」

と答えていました。

「お互いに特別な存在ですか?」という質問には答えなかったものの、交際についても話し合ったことをオープンにするなど、親密な様子が伝わってきます!

 

坂口健太郎と高畑充希の破局報道!理由は?

Twitterを見ると気になる噂も!

高畑さんが仕事を優先したため破局したとの報道もありました。

高畑さんは2020年5月、2年前に出演が決まり稽古に励んでいた出演予定のミュージカル「ミス・サイゴン」が、コロナ禍の影響で中止に。

その頃のことについて高畑は、ある雑誌のインタビューで「幸せのハードルが下がった」と語っていました。

それまで多忙な日々を送っていたが、立ち止まって考えた結果、仕事ができるという『小さな幸せ』でも満足できるようになったというのだ。

それもあってか、その後、ミュージカル「ウェイトレス」の主演が決まると、ひたすらに稽古に励むストイックな毎日を送るように。おそらく、今は結婚よりも仕事に打ち込むべきと考えたのでしょう。

そうした高畑さんの心境の変化は、同棲中の坂口さんももちろん気づいていたはず。

2人の別れは、空気を読むタイプだという坂口が、高畑の幸せを第一に考えて自ら身を引いた、円満なものだったのかもしれません。

 

坂口健太郎と永野芽郁の熱愛報道の真相は?

2020年公開の「仮面病棟」で坂口健太郎さんと永野芽郁さんは共演しています。

坂口さんと永野さんの映画共演は、2015年公開「俺物語!!」以来のこと。

「また共演できることがうれしかった」と笑顔を弾けさせる2人は、兄妹のような関係だとインタビューで話していました。

インタビュー内で坂口さんは、「なにか撮影をしていると、『隣のスタジオに芽郁がいる』ということがよくあるんだよね」と話し、永野さんも「大変な現場の時は、なぜか隣のスタジオに『健兄』(坂口)か、(鈴木)亮平さんがいてくれる。

朝ドラの時は隣のスタジオに亮平さんがいて、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です』の時は隣のスタジオに『健兄』がいて」と2人との不思議な縁を告白していました。

インタビューからも仲の良さが伺えますが、「健兄」と呼んでいることから、恋愛関係に発展はしていにようですね。

 

まとめ

坂口健太郎さんの好きな女性のタイプや歴代彼女についてまとめてみました。

彼女の噂のある女性が複数いることから、やはり芸能界でもモテモテなようですね。

坂口健太郎さんがどのような方と幸せになるのか、静かに見守っていきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。