天気

台風10号2021米軍進路予想!たまご最新情報・関東へ上陸の可能性・オリンピックへの影響は?

 

8月に入り日本の南海上では海面水温が高く、積乱雲の発生も頻繁に起きているため、台風のたまごが生まれやすくなっています。

台風9号(ルピート)の動向も気になりますが、台風10号(ミリネ)もすぐに発生しそうな予想が出ていますので今後の動向が気になります。

 

追記:

2021年8月5日15時に沖縄県の北東で台風10号(ミリネ)が発生しました。

 

8月8日までは東京オリンピックも開催されているので、大会や閉会式に影響が出ないか心配です。

この記事では、

「台風10号のたまごはいつ発生するのか、米軍進路予想・ヨーロッパ・Windy・気象庁などで関東へ上陸の可能性やオリンピックへの影響など最新情報」

を随時更新していきたいと思います。

 

台風9号最新情報はこちら

台風11号最新情報はこちら

 

2021台風10号(ミリネ)最新情報

気象庁は8月4日午前9時に台風9号(ルピート)の発生を発表しました。

そして8月5日午後3時に台風10号・11号が熱帯低気圧から台風に変わったと発表しました。

台風11号最新情報はこちら

 

中心気圧は994hp、最大風速は18ⅿ、最大瞬間風速は25ⅿで中心から半径280キロ以内の範囲では風速15ⅿ以上の強い風が吹いています。

台風10号は1時間に20キロの速さで北北東へ進んでいます。

沖縄地方では、1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあり大雨が長く続く恐れがあり、風も強まるので高波に注意が必要です。

 

3連休の期間中、東日本に近付く恐れがあり最新の情報をご確認ください。

 

関東地方の雨のピークは7日と予想されていて、オリンピックの決勝戦の競技などにも影響が心配です。

 

2021台風10号(ミリネ)米軍(JTWC)進路予想図

まずは、米軍合同台風警戒センター(JTWC)で台風10号(ミリネ)の進路予想図を見てみたいと思います。

JTWCとは、アメリカ海軍とアメリカ空軍がハワイ州真珠湾海軍基地に共同で設置した、アメリカ国防総省の機関で、日本の私たち一般人でも見ることが出来ます。

より確実な情報を得たいときはチェックしてみてください!

2021年8月6日(金)午後5時30分 最新情報

米軍(JTWC)の情報では日本時間で2021年8月6日(金)時点で、赤矢印が4つ確認ができます。

日本時間:2021年8月6日(金)午前3時(05/1800Z)

引用元:米軍合同台風警戒センター

 

赤い矢印『TS 14W』が台風10号(ミリネ)です。

『TS 13W』が台風9号(ルピート)

『TS 15W』が台風11号(ニーダ)

『TD 12W』は熱帯低気圧を示しています。

 

2021年8月4日(水)午後5時30分

米軍(JTWC)の情報では日本時間で2021年8月4日(水)時点で、丸で囲まれたものが1つ、赤矢印が2つ確認ができます。

日本時間:2021年8月4日(水)午後5時30分(04/0830Z)

引用元:米軍合同台風警戒センター

 

黄色オレンジ赤の順に、台風が発生しやすくなっていくのですが、この丸が2つあり、赤矢印が2つもあります。

赤矢印は熱帯低気圧・台風の意味を示しています。

(詳しい見方は下記で記しています。)

TS13W → 台風9号(ルピート)

TD14 → 台風10号(ミリネ)

米軍の映像では既に台風10号と認識していました。日本が台風と認識しなくても米軍では『台風』と認識することがあります。

米軍は日本の基準とは異なるため、比較的早くに台風と認識する傾向にあります。

 

この他にも赤い〇が1つあり、こちらは24時間以内に台風や熱帯低気圧になる予想です。

ですが、数時間前にも発生していた赤丸が消えているという状況もありますので、赤丸だからと言って必ず台風になるとは限りません。

 

今後の進路など、他の機関も参考に注意していきましょう。

最新情報が入り次第更新していきます。

 

米軍進路予想図の見方

・予想図は6時間ごとに更新されます。

例:

「ISSUE TIME:20/1800Z」と記載されている部分は世界標準時刻を表しています。

「20日18時00分」という意味です。

アメリカと日本は9時間の時差があるので、こちらに9時間足した時間が日本の時間となります。

よって、上記の予想図の時間は「7月21日午前3時00分」の情報という事になります。

そして、黄色や赤の丸が付いている〇などで、注意度がわかるようになっています。

LOW(黄色い〇)…24時間以内に台風や熱帯低気圧に発達する可能性は低い。

MEDIAM(オレンジの〇)…台風や熱帯低気圧になる可能性があるが24時間以上はかかる。

HIGT(赤い〇)…24時間以内に台風や熱帯低気圧になる可能性がある。

SUB TORPICAL(グリーンの〇)…台風と熱帯低気圧の中間

赤い↑(矢印)…台風・熱帯低気圧

赤い丸は24時間以内に台風発生の可能性を示しているので要注意です。

 

また、8月上旬の日本の南の海面水温は高めの25~30℃となっています。

この状態はいつ台風となってもおかしくありません。

引用:気象庁

一般的に台風は、海面水温が26~27℃で発生すると言われているからです。
(ただし、大気の状態も重要な要因であり、海面水温が高いだけでは台風の発生・発達につながりません。)

 

2021台風10号(ミリネ)ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)進路予想図

続いては、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)で号台風10号(ミリネ)の進路予想図を見てみましょう。

ECMWFは、世界一精度の高いコンピューターで、10日先まで台風の動きを予測できます。

ヨーロッパの機関ですが、アジア圏も確認が出来ます。

【日本時間:2021年8月7日(土)】の予想(8月4日時点)

画像引用:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

8月7日の予想を見てみると、九州・四国の東の海上付近に渦が見えます。

その後も北上をして、8日(日)には関東にかなり近そうな予想です。

進路によっては上陸する恐れがあります。

 

ヨーロッパ中期予報センターでは「▶ボタン」で10日先まで予測が見られるので、是非チェックしてみてください。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)は10日後まで見れますが、その分日付が先になるほど精度は下がります。

今後の予想をチェックしていきましょう。

 

2021台風10号(ミリネ)Windy進路予想図

続いて、Windyでも台風10号(ミリネ)の進路予想図を見てみましょう。

Windyでは、台風の動きがリアルタイムの動画で確認できます。

台風は左に回転をして渦を起こします。

上記で紹介したヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予報を元に作られています。

 

赤い▶ボタンを押すと、時間が進んでいきます。

ドラッグまたはスワイプでも見たい日にちで止めることもできます。

8月4日時点でWindyの画像を8月8日で止めてみると、関東北部に台風が上陸しているように見えましたが、

8月6日時点では、少し太平洋側に反れているようです。

ですが、関東には雨風の影響がありそうなので今後も警戒を続けていきましょう。

Windy

 

2021台風10号(ミリネ)気象庁の進路予想図

日本で一番、予想図などで聞きなれたり見慣れたりしているのが気象庁ではないでしょうか。

気象庁の進路予想図を見てみましょう。

2021年8月6日(金)最新情報

画像引用:気象庁

2021年8月4日(水)

 画像引用:気象庁

気象庁でも南シナ海と宮古島付近にある2つの熱低低気圧が5日までに台風に発達する予想です。

8月7~9日にかけての3連休に日本付近に影響を及ぼす可能性もあり、今後の動向に注意しましょう。

 

まとめ

台風10号(ミリネ)のたまごの発生情報・日本への影響・関東上陸の可能性について各機関で調査してみました。

8月5日に台風10号発生の発表がありました。

同時に台風11号も発生し、日本の付近には3つの台風が発生しています。

各機関の予想では、オリンピックの閉会式が行われる前後、8月7~9日頃に台風10号が関東に接近するとなっていたので心配ですね。

台風接近の前に出来る対策をし、備蓄品などの見直し、早めにご準備をして災害に備えましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

台風9号2021米軍進路・たまご発生情報!ヨーロッパ・気象庁で関東への影響上陸の可能性は? 2021年7月、台風6号・7号・8号が多発しました。短期間に3つも発生し、今年も台風が多い年になりそうです。 8月...
台風11号2021米軍進路予想!ヨーロッパ・Windy・気象庁で最新情報と日本への影響は? 2021年8月5日(木)に台風11号(ニーダ)が発生しました。 6日現在、台風9号・10号・11号が発生中でトリプ...