IOCのデュビ五輪統括部長は「気象庁の予報は大きな助け。当日になって決断しなくていいことは、大会運営で快適な環境だ」と感謝した。