天気

台風9号2021米軍進路・たまご発生情報!ヨーロッパ・気象庁で関東への影響上陸の可能性は?

 

2021年7月、台風6号・7号・8号が多発しました。短期間に3つも発生し、今年も台風が多い年になりそうです。

8月に入り全ての台風は消滅しましたが、新たな台風のたまごの発生が心配です。

日本の南海面水温が上昇しているため、台風のたまごが生まれやすくなっているようです。

次にたまごが発生したら、台風9号(ルピート)となります。

8月4日追記

8月4日午前9時に南シナ海で台風9号(ルピート)が発生し、時速15キロの速さで東北東へ進んでいます。

この記事では、

「台風9号のたまご発生情報、米軍進路・ヨーロッパ・Windy・気象庁などで関東への影響や上陸の可能性など最新情報」

を随時更新していきたいと思います。

 

台風8号2021米軍最新進路!たまご発生情報!東北上陸!オリンピックへの影響は? 7月23日(金)22:27 台風8号(ニパルタック)が南鳥島近海で発生しました。 7月2...

 

 

2021台風9号(ルピート)最新情報

8月5日(木)に台風10号・11号がほぼ同時に発生しました。

11号は日本への影響は少ないと予想されていますが、9号と10号は日本に接近の可能性が予想されているため注意が必要です。

8月6日現在、沖縄地方では強い雨や風の影響が出てきています。

周辺地域の方は厳重な警戒を続けてください。

画像引用:気象庁

気象庁によると、台風は今後南シナ海を東よりに進み、7日(土)には台湾海峡付近を進んで、その後は東シナ海を東よりに進む予想となっています。

現在日本の南海上付近では熱帯低気圧が多発している影響で、予報円が非常に大きく、進路予想が難しい台風となっています。

8月8日はオリンピックの閉会式です。

予想図によると、8日頃には暴風域が関東に入っているようなので心配ですね。

今後の情報を追っていきたいと思います。

 

2021台風9号(ルピート)米軍(JTWC)進路予想図

まずは、米軍合同台風警戒センター(JTWC)で台風9号(ルピート)の進路予想図を見てみたいと思います。

JTWCとは、アメリカ海軍とアメリカ空軍がハワイ州真珠湾海軍基地に共同で設置した、アメリカ国防総省の機関で、日本の私たち一般人でも見ることが出来ます。

より確実な情報を得たいときはチェックしてみてください!

2021年8月6日(金)最新情報

日本時間:2021年8月6日(金)午前3時(05/1800Z)

画像引用:米軍合同台風警戒センター(JTWC)

赤い矢印『TS 13W』が台風9号(ルピート)です。

『TS 14W』が台風10号(ミリネ)

『TS 15W』が台風11号(ニーダ)

『TD 12W』は熱帯低気圧を示しています。

 

2021年8月4日(水)

日本時間:2021年8月4日(水)午後3時(04/0600Z)

赤矢印は熱帯低気圧・台風の意味を示しています。

TS13W → 台風9号(ルピート)

米軍の映像には台風9号以外にも、もう一つの熱帯低気圧のTD12Wが見えています。

こちらはまだ台風10号とは発表させていませんが、同時に2つの台風が発生するということも考えられます。

その他にも警戒すべき台風のたまごが生まれやすくなってきているので、十分な警戒が必要です。

 

 

 

8月3日(火)、日本の気象庁は南シナ海の熱帯低気圧について、24時間以内に台風9号(ルピート)に発達するとの情報を発表しました。

米軍で示されている「TD13W」です。

 

今後の進路など、他の機関も参考に注意していきましょう。

最新情報が入り次第更新していきます。

米軍進路予想図の見方

・予想図は6時間ごとに更新されます。

例:

「ISSUE TIME:20/1800Z」と記載されている部分は世界標準時刻を表しています。

「20日18時00分」という意味です。

アメリカと日本は9時間の時差があるので、こちらに9時間足した時間が日本の時間となります。

よって、上記の予想図の時間は「7月21日午前3時00分」の情報という事になります。

そして、黄色や赤の丸が付いている〇などで、注意度がわかるようになっています。

LOW(黄色い〇)…24時間以内に台風や熱帯低気圧に発達する可能性は低い。

MEDIAM(オレンジの〇)…台風や熱帯低気圧になる可能性があるが24時間以上はかかる。

HIGT(赤い〇)…24時間以内に台風や熱帯低気圧になる可能性がある。

SUB TORPICAL(グリーンの〇)…台風と熱帯低気圧の中間

赤い↑(矢印)…台風・熱帯低気圧

赤い丸は24時間以内に台風発生の可能性を示しているので要注意です。

 

また、8月上旬の日本の南の海面水温は高めの25~30℃となっています。

この状態はいつ台風となってもおかしくありません。

引用:気象庁

一般的に台風は、海面水温が26~27℃で発生すると言われているからです。
(ただし、大気の状態も重要な要因であり、海面水温が高いだけでは台風の発生・発達につながりません。)

 

 

2021台風9号(ルピート)ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)進路予想図

続いては、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)で号台風9号(ルピート)の進路予想図を見てみましょう。

ECMWFは、世界一精度の高いコンピューターで、10日先まで台風の動きを予測できます。

ヨーロッパの機関ですが、アジア圏も確認が出来ます。

【日本時間:2021年8月5日(木)】の予想(8月3日時点)

画像引用:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

8月5日の予想を見てみると、沖縄諸島付近に濃い雲が見えますね。

これが台風9号(ルピート)の可能性が高いです。

その後も太平洋側を北上し、上陸すれすれの場所を通っていく予想となっています。

今後の最新情報をチェックしていきましょう。

 

 

ヨーロッパ中期予報センターでは10日先まで予測が見られるので、是非チェックしてみてください。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)は10日後まで見れますが、その分日付が先になるほど精度は下がります。

今後の予想をチェックしていきましょう。

 

2021台風9号(ルピート)Windy進路予想図

続いて、Windyでも台風9号(ルピート)の進路予想図を見てみましょう。

Windyでは、台風の動きがリアルタイムの動画で確認できます。

台風は左に回転をして渦を起こします。

上記で紹介したヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予報を元に作られています。

 

赤い▶ボタンを押すと、時間が進んでいきます。

ドラッグまたはスワイプでも見たい日にちで止めることもできます。

Windyでは8月4日頃は比較的太平洋は穏やかに見えますが、台湾の東の海上、フィリピン海に渦を巻いているものが見えてきます。

5日頃に沖縄諸島に近付いている渦が、おそらく台風9号(ルピート)となりそうです。

この頃の沖縄諸島の最大風速は18m/s以上と台風9号に発達する可能性が高いと思われます。

その後の予想では、6日~9日頃にかけて、太平洋側を北上し関東方面へ向かっていきます。

9日午前1時頃には東北地方の岩手県に上陸をする可能性があります。

9日朝には北海道に上陸をし日本海の方に抜けていく予想となっています。

 

8月3日の予想では、東京に上陸はせずすれすれを通るようですが、8月8日は東京オリンピックの閉会式も控えていますので、今後の最新情報が気になります。

 

日本の南海にはいくつものたまごの発生の可能性があります。

今後の最新情報をご確認ください。

Windy

 

 

2021台風9号(ルピート)気象庁の進路予想図

日本で一番、予想図などで聞きなれたり見慣れたりしているのが気象庁ではないでしょうか。

気象庁の進路予想図を見てみましょう。

2021年8月6日(金)午前3時 最新情報

画像:気象庁

2021年8月3日(火)最新情報

 

画像:気象庁

気象庁の映像では、台風9号のたまごの情報はまだありませんでした。

最新情報を追っていきたいと思います。

 

まとめ

台風9号(ルピート)のたまごの発生情報・日本への影響・関東上陸の可能性について各機関で調査してみました。

8月4日に台風9号(ルピート)が発生し、8月5日には台風10号・11号も発生しています。

沖縄地方では6日頃から強い雨風が吹き、3連休には日本全域で雨風が強まる見込みとなっているため、オリンピックへの影響も心配ですね。

台風が複数発生し、影響が長引く恐れがあります。

台風接近の前に出来る対策をし、備蓄品などの見直し、早めにご準備をして災害に備えましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

台風10号2021米軍進路予想!たまご最新情報・関東へ上陸の可能性・オリンピックへの影響は? 8月に入り日本の南海上では海面水温が高く、積乱雲の発生も頻繁に起きているため、台風のたまごが生まれやすくなっています。 ...
台風11号2021米軍進路予想!ヨーロッパ・Windy・気象庁で最新情報と日本への影響は? 2021年8月5日(木)に台風11号(ニーダ)が発生しました。 6日現在、台風9号・10号・11号が発生中でトリプ...