11月10日 10:02
芸能・エンタメ

ヒカキン鬼ごっこ2022不正をリークした参加者は誰?ヒカルに内部告発か

YouTuber・ヒカキンさんが夏に行った大型企画『ヒカキン鬼ごっこ2022』

公開1週間で、なんと再生回数が700万を超え話題になった動画ですが、現在は非公開になってしまいました。

『ヒカキン鬼ごっこ2022』に不正疑惑があったため非公開となったそうですが、不正をリークした参加者は誰だったんでしょうか。

YouTuber・ヒカルさんに内部告発した誰かがいたとの噂もありますが、本当なんでしょうか?

ヒカキン鬼ごっこがどんな企画だったのかもおさらいしておきましょう。

今回は、

  • 「ヒカキン鬼ごっこ2022」不正をリークした参加者は誰?
  • 「ヒカキン鬼ごっこ2022」不正疑惑の声で動画が非公開に
  • 「ヒカキン鬼ごっこ2022」ヒカルに内部告発か
  • 「ヒカキン鬼ごっこ」とは?

などについてまとめてみたいと思います。

 

「ヒカキン鬼ごっこ2022」不正をリークした参加者は誰?

「ヒカキン鬼ごっこ2022」スタッフは、不正の事実を隠そうとした側なので、不正をリークしたのは、鬼ごっこ参加中に不審な点を感じた、参加者本人である可能性が高いです。

誰がリークしたのか参加メンバーをみてみましょう。

「ヒカキン鬼ごっこ2022」参加メンバー一覧

現在「ヒカキン鬼ごっこ2022」の動画は非公開となっていますが、参加したのは、以下のメンバーでした。

  • はじめしゃちょー
  • フィッシャーズ(シルクロード、ンダホ)
  • すしらーめんりく
  • SHAKA
  • スカイピース(☆テオくん、☆イニ☆)
  • ばんばんざい(るな)
  • ネフライト
  • まあたそ
  • フォーエイト48(こたつ、あみか)
  • くれいじーまぐねっと(UraN)
  • 瀬戸弘司
  • PDS株式会社(ダンテ)
  • ウンパルンパ
  • レイクレ(ともやん、どば師匠)
  • Masuo
  • 中町兄弟(中町綾)
  • うちら三姉妹(とうあ)
  • 関優太

 

ヒカキンさんの謝罪動画の中では、誰がリークしたかは公表されていませんでしたが、この中の誰かが、10分間の不正に気付き、不正をリークしたと考えられます。

ヒカキン鬼ごっこ逃げ切った人/優勝者は誰?結果ネタバレも!YouTuberのヒカキがンさんが夏の大企画として大好評だった『ヒカキン鬼ごっこ』を2022年10月2日に非公開にし話題となっています。...

 

「ヒカキン鬼ごっこ2022」不正疑惑の声で動画が非公開に

2022年10月2日に「ヒカキン鬼ごっこ2022」の動画が非公開になった経緯をまとめてみました。

 ヒカキンは「『ヒカキンおにごっこ』動画非公開について」と題して2日に自身のYouTubeチャンネルを更新。神妙な面持ちのヒカキンはいきなり頭を下げ、「ヒカキンおにごっこ」の動画を非公開にしたことを伝えた。

「当時参加してくださったチャレンジャーの皆様全員と、鬼として頑張ってくれたセイキン、デカキンさんには直接謝罪させていただき、ご理解をいただいた上で、この動画を撮影して公開しております」とした。

引用:Yahoo!ニュース

 

ヒカキンさん自身が動画を非公開にすることを決断したんですね。

参加者・撮影スタッフをふくめ、180人以上という方が関わっていた動画なので、非公開にするのはヒカキンさんご本人も心苦しい決断だったのでしょう。

非公開になった理由はなんだったのでしょうか?

 

動画が非公開になった理由は?

動画が非公開になった理由について、ヒカキンさんご本人が『当日の鬼ごっこがゲームとして成立していなかったのではないかと今、僕が判断したからです』とコメントしています。

ヒカキン緊急YouTube配信の内容

ヒカキンさんはヒカキン鬼ごっこが公開から2か月くらいが経ち、

「いい企画ができたな」「本当にやって良かった」「また機会があれば第2弾をやりたいな」

と日々思っていたそうです。

そんな時、YouTuberのヒカルさんから共通の知人を介して、「緊急で話したいことがある」と連絡が来ました。

何事だろうと思い、ヒカキンさんはヒカルさんとオンラインで初めて話をしたそうです。

その内容は、

「鬼ごっこ関係者の間で、ヒカキン鬼ごっこの撮影中に、逃げ切った人の数を少なくするための不正があたのではないか。更に、ゲーム終盤に10分間の延長が突然行われたのではないか」

でした。

ヒカルさんはそれを聞いてすぐにヒカキンさんに「大丈夫ですか?」と心配し連絡をしてきてくれたそうです。

ヒカキンさんはその話を聞いた時に、何のことか全く理解が出来なかったと話しています。

ヒカキンさんはYouTubeで、「これだけは言わせてください」と言って、こう言いました。

「悪意を持って不正をして、逃げ切る人を少なくしたという行為は一切ありません」

 

【ヒカキン鬼ごっこ2022ルール】

・60分間逃げ切った人に賞金100万円!

何人逃げ切ってもいいよう、ヒカキンさんもしっかりと賞金を用意していたとのことです。

 

ヒカキンはスタッフに事実確認

ヒカキンさんは当日、鬼として追いかける側の立場だったため、当日の現場での判断は製作スタッフに任せていたそうです。

そして、今回の事実確認を取ったところ、【チャレンジャー側】と【制作サイド】で大きなすれ違いが生じてしまうミスがあったことがわかりました。

このミスをヒカキンさんは『ゲームとして成立していない』と判断し、動画を非公開にしたという事です。

【チャレンジャー側】と【制作サイド】のミス

当時、鬼ごっこがスタートして中盤までは順調に進んでいたが、その後、いくつかアクシデントが起きました。

①カメラマンの転倒でカメラマンが負傷したため、一時中断

・カメラマンの手当て(軽傷だった)
・カメラが壊れ、映像の確認

 

②鬼ごっこ参加者が体調に違和感を感じたため一時中断

・医療スタッフが体調の確認をした(後に回復)

というトラブルがかなさって起きていました。

結果、10分間ほどの中断が実際行われていましたが、鬼ごっこ中のタイムは止まることがなかったので、空白の10分間が生まれてしまいました。

 

制作スタッフが「空白の10分間」をやり直すため、以下のような判断をしました。

「この後チャレンジャーが全員集まって一度タイマーがストップする『綱引きミッション』のタイミングでやり直しという意図でアクシデント分の10分間を追加しよう」

 

制作スタッフの判断に、ヒカキンさんは、

「しっかりチャレンジャー一人一人にアクシデントの詳細と、そういった件もあって鬼ごっこが正常に行えなかったということを説明して納得していただいた上で進めて下さい。」

とスタッフにお願いしていていましたが、今回起きてしまったアクシデントの詳細や、10分間やり直したいという説明が無いまま、時間の調整だけが行われていたことが発覚し、鬼ごっこは不正だったという流れになってしまったそうです。

ヒカキンさんはこのミスを聞いた時、言葉を失ったそうです。

「逃げ切る人を意図的に少なくするための不正」

と言われても仕方のないことだった思う。と話していました。

 

ヒカキンさんは挑戦してくれたチャレンジャーのことも考えて、動画の非公開を決めました。

賞金がかかった本気の鬼ごっこだったからこそ、たとえ10分間でも、大きな不正と感じたようですね。

スタッフのミスだったとしても責任を取って、ヒカキンさんご自身で謝罪動画をアップしたようです。

 

「ヒカキン鬼ごっこ2022」ヒカルに内部告発か

「ヒカキン鬼ごっこ2022」の不正騒動の件で、「YouTuber・ヒカルさんに誰かが内部告発した」との噂もあります。

ヒカルさんと鬼ごっこ不正騒動には、どんな関係があったのかまとめていきます。

 

ヒカキン鬼ごっこ2022の不正が発覚したのは、ヒカルさんがヒカキンさんに「大丈夫ですか?」と 不正についてを連絡したことが発端となったそうです。

「ヒカキン鬼ごっこ2022」参加メンバーの誰かが、ヒカルさんに不正の10分間があったことを告白

→ヒカルさんが企画の不成立を心配してヒカキンさんに直接「大丈夫ですか?」と連絡

→ヒカルさんからの連絡を受け、ヒカキンさんも不正があったことを知り、動画を非公開にした

誰がヒカルさんに不正を伝えたのかは、明らかにされていません。

 

ヒカルさんはYouTuberですが、あまり他のYouTuberと絡んではいません。

鬼ごっこ参加メンバーの中でもヒカルさんと接点があったのは、

  • テオくん(スカイピース)
  • イニ(スカイピース)
  • シルクロード(フィッシャーズ)
  • ンダホ(フィッシャーズ)
  • はじめしゃちょー
  • 中町綾

この6人だけです。

この6人の誰かがヒカルさんに不正を伝えたそうですが、特定するのは難しいようです。

SNSでは、最近炎上気味の「スカイピースが告げ口したのでは?」と噂されていました。

本当は誰がヒカルさんに不正を告白したのか分かっていませんが、ヒカルさんは2022年10月3日19:30~ヒカルチャンネルで、ヒカキンさんに連絡したときの経緯などを説明しました。

ヒカルのYouTube内容まとめ

・ヒカキンのYouTube配信で自分の名前を出され、ヒカルさんに火の粉が飛んできた

・急遽ヒカルも動画を配信

・他方に火の粉が飛ぶので細かくは言えない

・ヒカキン鬼ごっこで出来レースがあったと、クリエーター側からの主張があった

・ヒカキン鬼ごっこでヤラセを半分強要されるかのようなことがあった結構な数、聞かされた

・「ヒカキンがそんなことするか?」と正直思った

・内容を説明すると細かくてめちゃくちゃややこしい

・確かにそれはおかしいと思う内容だったが犯人探しが起きて面倒なことが起こる

・後日、スタッフの関係者から「リークしようと思ってる」と言われ、ヒカルのポケットマネーの10万円を渡し止めた

・ヒカルはヒカキンに対してライバル心が正直あったので、YouTubeにネタとして流したら面白くなるとも一度は頭をよぎった

・だからといって、弱ってるヒカキンを叩いて抜いたところで違うなと思った

・ヒカキンとヒカルの共通の知人にリークの話をしたところ、「すぐにヒカキンに連絡します」となり、連絡が行く

・初めてオンラインでヒカキンと話した

・ヒカキンに話すと、本気で落ち込んで泣いていた

・クリエーター側は、ヒカキンが不正を知っていたと思っていたと食い違いがあった

・ヒカキンは「この10年間、1点の曇りなくやってきた」と言われヒカルは凄いなと思った

・ヒカキンは犯人探しは望んでいない。ヒカルも望んでいない。

・ヒカキンのことは認めたくないけどリスペクトはあるしスゴイ人だとは思ってる

ヒカルさんは動画の最後に「犯人探しみたいなことは本当にやめて欲しい。俺が悪いでいいから」と、男気のあるコメントを繰り返していました。

 

世間の反応

「ヒカキン鬼ごっこ」とは?

「ヒカキン鬼ごっこ」は、ヒカキンさんが企画した夏の大型企画です!

「チャンネル登録者数合計6300万人以上、オールスター参戦!」と掲げ、トップユーチューバーたちが参戦した「鬼ごっこ動画」を配信しました。

ヒカキンのマスクを被った『オニキン』軍団から逃げ切ることがルールで、賞金100万円が用意されていました。

場所は富士急ハイランドを貸し切って行われたので、かなり大きい規模の企画でした。

日本の有名You Tuberが本気で鬼から逃げる様子が注目を浴び、YouTubeの急上昇ランキング1位も獲得するなど大反響を呼んでいました。

まとめ

ヒカキンさんが2022年夏に行った大型企画「ヒカキン鬼ごっこ2022」

大反響を呼んだ動画でしたが、2022年10月2日に動画が非公開となってしまいました。

ヒカキンさん自身が非公開という決断をし、理由としては「10分間の不正があったから」と説明しています。

カメラマンのトラブルや、参加者の体調不良により、鬼ごっこが成立しない時間が生まれてしまったため、不正が生まれてしまいました。

この不正は、鬼ごっこ参加者の誰かが、ヒカルさんに告白したことで、事態が明るみに出たそうですが、誰がリークしたのかは分かっていません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ヒカキン鬼ごっこ逃げ切った人/優勝者は誰?結果ネタバレも!YouTuberのヒカキがンさんが夏の大企画として大好評だった『ヒカキン鬼ごっこ』を2022年10月2日に非公開にし話題となっています。...
10:11