11月10日 10:02
芸能・エンタメ

アントニオ猪木の歴代嫁は誰で結婚は何回?子供は何人で現在は?

元プロレスラーで参議院議員を2期務めたアントニオ猪木さんが、2022年10月1日(土)、79歳でお亡くなりになりました。

プロレスを知らない世代でも知っている「アントニオ猪木さん」。

闘病中だったという事ですが、驚いた方も多いですよね。

そんなアントニオ猪木さんですが、奥さんは誰なのか気になって調べたところ、なんと4回も結婚歴があったんです!

アントニオ猪木さんの歴代のお嫁さんは誰なのか、そして子供は何人で現在は何をされているのかも気になりますよね。

そこでこの記事では、

・アントニオ猪木の歴代嫁は誰?結婚は何回?

・アントニオ猪木の子供の現在は?

について調べてみました。

アントニオ猪木の歴代嫁は誰?結婚は何回?

アントニオ猪木さんは初婚が1964年でしたが、なんと4回も結婚をしていたことがわかりました。

アントニオ猪木さんの歴代のお嫁さんは誰なのか、調べてみました。

  • 1度目:1964年~     アメリカ人の「リンダ」さん
  • 2度目:1971年~1987年 「賠償美津子」
  • 3度目:1989年~1990年 「一般女性」
  • 4度目:2017年~    「一般女性」

 

1度目:アメリカ人の「リンダ」

アントニオ猪木さんは1964年、アメリカへ武者修行に行っていました。

その際にアメリカ人のリンダさんと出会い、結婚しました。

リンダさんとの間にお子さんが誕生しましたが、お子さんは幼い頃に病気で亡くなってしまいます。

その後、リンダさんとは離婚しています。

 

2度目:女優「倍賞美津子」

アントニオ猪木さんの2度目の結婚は1971年、女優の「倍賞美津子さん」です。

倍賞美津子さんとの出会いは、アントニオ猪木さんの後輩レスラーの豊登道春さんがきっかけでした。

ある日、銀座で豊登道春さんが食事をして自分の車に戻ってくると、「こんな車に乗りやがって」と、自分の車を蹴飛ばしている女性が3人いて、その中の一人が倍賞美津子さんだったそうです。

豊登道春さんは当時、国産車で最高級のセンチュリーに乗っていたそうで、その車が気に入らなかったのか、車を蹴っていたのが倍賞美津子さんだったんだとか!

豊登道春さんは倍賞美津子さんらが美人だったため、そのまま倍賞美津子さんたちを食事に誘い食事の後は家まで送り届け、連絡先を交換し合う仲となりました。

その後、豊登道春さんと倍賞美津子さんが会う際に、アントニオ猪木さんも一緒だったことがあり、そこでアントニオ猪木さんと倍賞美津子さんは初対面をします。

初めはお互いの友人を含めたグループ交際で、徐々に親しくなっていき交際、5年ほど経ってアントニオ猪木さんからプロポーズをし結婚をしました。

アントニオ猪木さんと倍賞美津子さんの結婚式は1億円だったと話題となりました。

離婚はアントニオ猪木の借金と倍賞美津子の不倫

1億円もかけて結婚式をしたたった1ヵ月半後、アントニオ猪木さんは「日本プロレス」から追放されてします。

理由は会社と経営について内部改革をしようとしていたアントニオ猪木さん。そのことが会社に漏れてしまい、追放となってしまいました。

結婚式費用の1億円も会社が負担してくれるはずが無くなってしまい、アントニオ猪木さんと倍賞美津子さん夫妻に1億円もの借金を背負う事となります。

アントニオ猪木さんは自宅を改造して道場にし、「新日本プロレス」を立ち上げ、『タイガーマスク』『異種格格闘技戦』などの成功でプロレス界を盛り上げていきました。

ですが、アントニオ猪木さんは事業の拡大をしたことにより失敗し、更に借金を負う事となってしまいます。

そのことで倍賞美津子さんとの夫婦喧嘩も増え、倍賞美津子さんは俳優の萩原健一さんと不倫。

1988年に倍賞美津子さんから切り出す形で離婚となりました。

 

離婚をしたアントニオ猪木さんと倍賞美津子さんですが、アントニオ猪木さんさんの試合には花束を持って駆けつけリングに上がるなど、「友人」として二人の関係は繋がっていたようです。

倍賞美津子との子供は1人

アントニオ猪木さんと倍賞美津子さんとの間には、娘さんが一人います。

名前は『猪木寛子(いのきひろこ)』さん。

3度目:22歳年下の一般女性

倍賞美津子さんと離婚したのが1988年でしたが、翌年の1989年にアントニオ猪木さんは22歳年下の一般女性の「戸倉尚美さん」と結婚しました。

アントニオ猪木さんと知り合ったのは、なんと飛行機の中だったそうです。

席が隣同士だったことがきっかけで話し親密になったそうです。

 

一般女性(尚美さん)との間に子供は1人

一般女性(戸倉尚美さん)との間に子供は1人、息子さんが誕生しています。

ですが息子さんが20歳になった2012年、成人を期にアントニオ猪木さんは離婚しています。

理由は、4度目の結婚相手になる方との不倫だったそうです。

4度目:16歳年下の一般女性

その後、2014年に週刊誌【女性自身】の報道によりアントニオ猪木さんが都内のマンションで女性と半同棲をしていると明かされました。

そして再婚の可能性を問われると「再婚なんてするわけないだろう」と返答していたそうですが、2017年にこの時噂された一般女性と結婚しています。

この一般女性とは、16歳年下のカメラマン、【橋本田鶴子(はしもとたづこ)さん】。

出会いは仕事を通じて知り合ったそうですが、もともと橋本田鶴子さんはアントニオ猪木さんのファンだったそうです。

そして、橋本田鶴子さんは1990年代後半からアントニオ猪木さんの写真集のカメラマンを務め、専属カメラマンになりました。

橋本田鶴子さんは2016年からアントニオ猪木さんさんのマネジメント会社の副社長に就任しています。

その後、20年ほど仕事での交流が続き、2017年に結婚しました。

橋本田鶴子さんとの間にはお子さんは生まれませんでした。

そして、2019年8月27日に橋本田鶴子さんは膵頭ガンの闘病の末62歳で亡くなりました。

アントニオ猪木の子供の現在は?

アントニオ猪木さんの子供は4度の結婚で3人いらっしゃします。

アントニオ猪木の1人目の子供「娘」

1人目の嫁のアメリカ人のリンダさんとの間に娘さんが誕生しましたが、残念ながら8歳の時に亡くなられています。

理由は明かされていませんが、「小児がん」だったのではないかと言われています。

名前は「文子さん」という情報がありました。

 

アントニオ猪木の2人目の子供「娘」

アントニオ猪木さんの2人目の子供も女の子で、賠償美智子さんとの間に1974年8月に生まれました。

2022年で48歳となりますね。

娘さんの名前は「猪木寛子さん」です。

幼い頃にミュージカルで「アニー役」を演じていました。

猪木寛子さんは、サイモン・ケリーさんと結婚しましたが、名前が「サイモン・ケリー猪木」という名前になっていたので、婿入りしたようですね。

サイモン・ケリーさんは、電通や日本コカ・コーラで勤務した後、アントニオ猪木さんの「新日本プロレス」に入社し、2005年には社長となっています。

ですが、2007年には新日本プロレスを退社し、アントニオ猪木さんの新団体【イノキ・ゲノム・フェデレーション】を立ち上げました。

 

ですが、猪木寛子さんとサイモン・ケリーさんは2016年に離婚しています。

猪木寛子さんが現在再婚をされているのか、仕事は何をされているのかは不明でした。

 

アントニオ猪木の3人目の子供「息子」

アントニオ猪木さんの3人目の子供は、3度目の結婚相手、戸倉尚美さんとの間に誕生した息子さんです。

1989年に戸倉尚美さんと結婚し、1990年3月1日に息子さんが誕生しました。

名前は一成(かずなり)さん、年齢は2022年で31歳となります。

一成さんは、2008年にアメリカのコロンビア大学に合格しているようなので、とても優秀な方なのでしょうね。

現在どのような仕事をされているかなどは不明でした。

 

 

まとめ

今回は、2022年10月1日にお亡くなりになったアントニオ猪木さんの歴代のお嫁さんや子供の人数や現在を調べてみました。

【アントニオ猪木さんの歴代の嫁】

  • 1度目:1964年~     アメリカ人の「リンダ」さん
  • 2度目:1971年~1987年 「賠償美津子」
  • 3度目:1989年~1990年 「一般女性」
  • 4度目:2017年~    「一般女性」

【アントニオ猪木さんの子供】

  • 1人目(リンダ):ハーフの娘(死別)
  • 2人目(倍賞美津子):娘
  • 3人目(戸倉尚美):息子

アントニオ猪木さんは4回の結婚と、3人の子供がいることがわかりました。

アントニオ猪木さんのご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

10:11