q 石川遼の実家はお金持ち?現在の年収や父親の職業や家族構成を調査! |rima-blog 
スポーツ選手

石川遼の実家はお金持ち?現在の年収や父親の職業や家族構成を調査!

プロゴルファーとして有名な石川遼さんは、「ハニカミ王子」の愛称でも親しまれ、よくメディアにも取り上げられていました。

そんな石川遼さんは、幼いころからゴルフを習っていましたが、実家はお金持ちなのでしょうか?

もし実家もお金持ちということであれば、石川遼さんの父親の職業はどんなお仕事なのでしょうか。

石川遼さんの家族構成も気になるところです。

また、石川遼さんは、史上最年少の15歳で男子ゴルフツアー優勝を飾り、2023年現在も現役として活躍していますが、年収がどのくらいあるのかも気になりますよね。

そこで今回は、石川遼の実家はお金持ちなのか?現在の年収や父親の職業や家族構成について調査したので、ご紹介します。

石川遼の実家はお金持ち?

石川遼さんの実家は、埼玉県松伏町の分譲地に建つ戸建て住宅で、特別お金持ちというわけではないようです。

石川遼さんの父親も普通のサラリーマンでした。

石川遼さんが小さい頃からゴルフを習っていたり、現在多くの賞金を稼いでいることから、実家もお金持ちなのでは?とおもわれているのかもしれませんね。



石川遼の現在の年収(獲得賞金)は?

石川遼さんの年収(獲得賞金)は、デビュー当初は億越えでしたが、2023年現在はそこまで調子が良いわけではなく、最近は億を超えることはないようです。

それでも、何千万という獲得賞金が毎年あり、かなりのお金を稼いでいることには間違いありません。

また、石川遼さんは獲得賞金以外にも、様々なスポンサー企業と契約しており、その契約金額も優に億を超えています。

年別獲得賞金額

石川遼さんの年別獲得賞金額は、下記の通りです。

年度獲得賞金(総額)
2008年約1億0,630百万円
2009年約1億8,350百万円
2010年約1億5,150百万円
2011年約9,830百万円
2012年約7,820百万円
2013年約2,190百万円
2014年約5,290百万円
2015年約8,780百万円
2016年約4,440百万円
2017年約1,410百万円
2018年約4,770百万円
2019年約1億3,280百万円
2020年約2,390百万円
2021年約2,980百万円
2022年約7,690百万円




石川遼の父親の職業や家族構成は?

石川遼さんの父親の職業は、埼玉縣信用金庫の支店長だったそうです。

石川遼さんの父親は、2013年3月に退職し、ゴルフのコーチとして石川遼さんをサポートに専念しました。

石川遼さんの家族構成は、父、母、妹、弟、の5人家族です。

石川遼さんの弟である航さんもゴルフをしており、2022年4月にプロデビューしています。

石川遼の奥さんは水川あさみ似の美人

石川遼さんは2016年3月に中学の同級生だった一般女性と結婚されていますが、奥さんは女優の水川あさみ似の美人さんだそうです。

中学の頃からの交際なので、奥さんは昔から、ゴルフに励む石川遼さんを理解し、支える存在だったようですね。

子供は?

石川遼さんには、2023年8月現在、子供がいるという情報はありません

結婚して約10年経ち、石川遼さんに子供ができたというニュースが出てもおかしくない時期ではあります。

今後の情報に期待したいですね。



まとめ

今回は、石川遼の実家はお金持ちなのか?現在の年収や父親の職業や家族構成についてご紹介しました。

石川遼さんは当初に比べるとメディアに取り上げられる頻度も減り、あまり見かけなくなりましたよね。

父親の職業は元信用金庫の社員で、お金持ちというよりは一般的な家庭で育った石川遼さんは、父親の支えもあり今も現役で活躍しています。

石川遼さんの今後の活躍にも期待したいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。