芸能・エンタメ

三木谷晴子の経歴は元銀行員で資産がやばい!実家もお金持ちで父は農水省官僚!

楽天グループ株式会社の創業者で知られている三木谷浩史さんは結婚しており、奥さんは三木谷晴子さんという方です。

三木谷晴子さんは元銀行員で、「経歴がエリート!」と噂されています。

また、かなり資産を持っているとのことなので、夫婦そろってかなりのお金持ちだそうです。

三木谷晴子さんはご実家もかなりのお金持ちで、父親は農水省の官僚との情報もあります。

本当なんでしょうか?

今回は、

  • 三木谷晴子の経歴は元銀行員?
  • 三木谷晴子の資産がやばい!
  • 三木谷晴子の実家は農水省官僚!

などについてまとめてみたいと思います。是非参考になさってください。

三木谷晴子の経歴は元銀行員?

三木谷晴子さんは、1967~1968年生まれで、現在55歳前後です。(2022年7月現在)

三木谷晴子さんは小石川高校を卒業し、上智大学文学部英文科に入学しました。

大学在学中は留学も経験しており、英語が堪能なことが伺えます。

大学卒業後は日本興業銀行(現在みずほ銀行)に勤めており、旦那である三木谷浩史さんとは、社内恋愛の末、結婚しました。

結婚後、銀行は退職し、2001年まで楽天の副社長として、広報マーケティング・人事総務を担当していました。

楽天を退任後は、渋谷区広尾でフレンチレストラン「hAru」を経営していました。(2022年7月現在は閉店しています。)

現在は「牧阿佐美バレエ団」の理事長や、株式会社アビームの代表取締役を務めています。

引用:牧阿佐美バレエ団

 

三木谷晴子の資産がやばい!

三木谷晴子さんは2021年12月26日に発行された「2022年版長者番付」第16位に選出されています。

引用:マネーポストweb

保有金額は、1669億円で、実業家・前澤友作さんよりも順位は上です!

三木谷晴子さんが保有している株の主な銘柄は「楽天グループ」「トラスト」です。

楽天グループの保有株割合は3番目、トラストの保有株割合では4番目を占めているので、大株主として、長者番付に名前があがったと考えられます。

企業の創設者は、自分の会社の株を妻や子どもに分配し、株の動きが活発になるようにする方が多いので、楽天グループの社長である三木谷浩史さんと相談し、多額の株を保有するようになったのかもしれませんね!

三木谷晴子さん自身が資産持ちというよりも、この時の楽天グループが好調だったことから、資産が自然と増えたようですね。

 

三木谷晴子の実家がすごい!父は農水省官僚!

三木谷晴子さんの(旧姓・下山)父親は「下山裕司さん」で、元農林水産省の官僚(林野庁青森営林局長)を務めており、三木谷晴子さんのお兄さんは社長と、実家がすごいことがわかりました。

まさにエリート家系!

三木谷晴子さんの弟・下山雄司さんは、有名外食産業の株式会社グラナダの社長です。

東京を中心に全国21店舗を展開している、やり手の社長です。

引用:株式会社グラナダ

 

三木谷晴子さんご自身だけでなく、ご実家も大変優秀なお家柄だと言えますね!

 

まとめ

今回は、楽天グループ社長の三木谷浩史さんの奥さんの三木谷晴子さんについて、経歴や資産、実家もお金持ちで父は農水省官僚という事をまとめてみました。

三木谷晴子さんの経歴も負けず劣らずエリートで、上智大学文学部英文科に入学、留学も経験しており、大学卒業後は日本興業銀行(現在みずほ銀行)に勤めていました。

結婚後は、楽天グループを支えるため、副社長として、広報マーケティング・人事総務を担当していました。

現在は、牧阿佐美バレエ団の理事長や株式会社アビームの代表取締役を務めています。

三木谷晴子さんは楽天グループとトラストの株を多く保有している大株主で、2022版長者番付16位に選出されています。

三木谷晴子さんのご実家もエリート家系で、父親・下山裕司さんは、元農林水産省の官僚(林野庁青森営林局長)を務めていました。

三木谷晴子さんの弟・下山雄司さんも有名外食産業の株式会社グラナダの社長をしており、現在21店舗ものレストランを経営しています!

三木谷晴子さんだけでなく、ご実家もとても優秀な家系ですね!

これからも楽天グループを陰で支えてくのでしょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。