11月10日 10:02
芸能・エンタメ

津原泰水の死因・病名は何?結婚歴や嫁(妻)・子供はいる?

幻想小説というジャンルを主に執筆し、読者から根強い人気のあった小説家「津原泰水さん」

2022年10月5日に突然の訃報が流れましたが、死因や病名は何だったんでしょうか。

また、ご家族の方からの連絡で訃報が届いたようですが、津原泰水さんは結婚して妻や子供はいらっしゃるのでしょうか?

津原泰水さんはまだ若くして亡くなったので、読者からも惜しむ声があがっています。

今回は、

  • 津原泰水の死因・病名は?
  • 津原泰水は結婚して妻と子供がいる?
  • 津原泰水の死を惜しむ声
  • 津原泰水プロフィール

などについてまとめてみたいと思います。是非参考になさってください。

津原泰水の死因・病名は?

津原泰水さんの死因や病名は、現在ははっきりと分かっていません。

津原泰水さんの訃報は突然だったので、出版社の方もかなり驚いたそうです。

津原泰水さんはかねてより闘病しており、死因は「病気のため」と発表されています。

どんな病気かについても公表されていませんが、2022年8月ごろまではface bookの更新や、Twitterで投稿をリツイートしていました。

つい2か月ほど前までは、元気にされていたようですね。

 

 

津原泰水は結婚して妻と子供がいる?

津原泰水さんの訃報は、ご家族の方からの連絡を受けて発表されましたが、結婚や妻、子どもについての情報はありませんでした。

 

津原泰水さんのご家族には、ご両親と弟さんはいらっしゃるそうです。

また、弟さんはイラストレーターの「村田修さん」との情報があります。

小説家とイラストレーターの息子をもつ家庭なので、ご両親も何かしらの芸術活動をしていた可能性もありますね!

 

津原泰水の死を惜しむ声

SNS上でも津原泰水さんの早すぎる死を悼む声が、たくさんあがっていました。

ファンだけでなく、小説家の方や出版社からもメッセージが送られています。

 

 

 

 

 

津原泰水プロフィール

引用:河出書房

  • 1964年生まれ、広島県出身
  • 出身大学:青山学院大学
  • デビュー:1989年少女小説『星からきたボーイフレンド』(津原やすみ名義)
  • 代表作:『ブラバン』『ヒッキーヒッキーシェイク』『歌うエスカルゴ』など

大学卒業後、印刷会社に就職するも短期間で退社し、アルバイトをしながら小説家を目指しました。

1989年『星からきたボーイフレンド』で小説家デビューしました。

怪奇小説、SF小説、推理小説、青春小説、恋愛小説と多岐に亘り、ご本人は「すべて広義の幻想小説である」と発言しています。

高校時代の吹奏楽部での経験をもとにした『ブラバン』は、ベストセラーにも輝き、他にも「第41回星雲賞日本長編部門候補」「第2回Twitter文学賞国内部門1位」「第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞」などの数々の賞に輝いています。

まとめ

数多くの幻想小説を生み出してきた小説家・津原泰水さんが、2022年10月5日に58歳という若さでお亡くなりになりました。

訃報はご家族が出版社に連絡したことで発覚しましたが、津原泰水さんに奥さんや子供さんがいるかどうかは、分かっていません。

ご両親、弟さんがいらっしゃるので、ご実家の誰かが連絡したのかもしれませんね。

津原泰水さんの詳しい死因は明らかにされていませんでしたが、かねてより闘病中で病気により亡くなったことが報道されています。

2022年8月ごろまではSNSを更新していたので、急な訃報だったそうです。

SNSでは小説家の方やファンの方たちが、津原泰水さんの死を悼みコメントをしています。

早すぎる死にショックを隠せない様子ですね。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

10:11