スポーツ

クライマックスシリーズと日本シリーズの違いは?ルールや日程・仕組みを簡単に解説!

 

いよいよ2021年のクライマックスシリーズが始まりますね!

今年はペナントレースを去年最下位のヤクルト・オリックスが制したことで、「下剋上だ!」と話題になっています。

この記事では、クライマックスシリーズ・日本シリーズ開催の前にルールや違いについて、おさらいしてみたいと思います。

この記事でわかること

  • クライマックス シリーズ ・日本シリーズの違い
  • クライマックス シリーズ ・日本シリーズ 日程
  • クライマックス シリーズ ・日本シリーズのルールや仕組みを簡単に解説
  • クライマックス シリーズ ・日本シリーズ 延長戦のルール

などについてまとめてみたいと思います。

是非参考になさってください。


クライマックス シリーズ ・日本シリーズの違いは?

クライマックスシリーズとは

クライマックスシリーズとは、通常のシーズン(ペナントレース)のあとに行われる、日本シリーズへ出場するチームを決めるための試合です。

セ・パリーグ(それぞれ6球団)で行った通常シーズン(ペナントレース)のうち、上位3チームがクライマックスシリーズに進みます。

日本シリーズとは

日本シリーズとは、クライマックスシリーズで優勝したセ・リーグとパ・リーグのチームが戦い、その年の日本一を決める試合です。

2020年は、クライマックスシリーズが行われず、通常シーズン(ペナントレース)の優勝チームが、そのまま日本シリーズへ進みました。(巨人-ソフトバンク)

 

クライマックス シリーズ ・日本シリーズ 日程は?

もうすぐクライマックスシリーズが始まりますが、改めて日程を確認してみました。

クライマックスシリーズ

『ファーストステージ』11/6(土)~11/8(月)※11/9は予備日

『ファイナルステージ』11/10(水)~11/15(月)※11/16,17は予備日

日本シリーズ

11/20(土)~11/28(日)

※11/22(月)・11/26(金)は試合なし

11月末には、2021年の優勝チームが決定します。

今年は、どのチームが優勝するのか今から楽しみですね!

 

クライマックス シリーズ ・日本シリーズのルールや仕組みを簡単に解説

クライマックスシリーズ

ファーストステージは、シーズン2位のホームグラウンドで行われ、3戦2勝したチームがファイナルステージに進みます。

ファイナルステージでは、シーズン1位のホームグラウンドで行われ、6戦4勝したチームが日本シリーズに進出します。

※1位のチームには1勝が与えられています。そのため、1位のチームは3勝すれば勝ち、ということになります。

 

ルールは通常シーズンと同じですが、違う点が3つあります。

➀予告先発制度

レギュラーシーズンでは試合開始前に翌日の予告先発が発表されますが、クライマックスシリーズではセ・リーグとパ・リーグで異なります。

発表タイミング
  • セ・リーグ:試合前に翌日の予告先発を発表
  • パ・リーグ:試合終了後、翌日の予告先発を発表

 

②審判の人数

レギュラーシーズンは球審と各塁の塁審の合計4人ですが、クライマックスシリーズではレフト・ライトにそれぞれ1人ずつ配置され、合計6人で行われます。

 

③延長戦

クライマックスシリーズの延長戦は基本的にレギュラーシーズン同様、12回まで行われます。レギュラーシーズンと異なる点は上位チームの勝ち抜けが決定する試合で12回裏が行われない点です。

※2021年はルール変更あり。詳しくは以下参照

 

日本シリーズ

日本シリーズは計7試合が予定され、先に4勝したチームが日本一となります。

優勝決定後の試合は行われません。そのため、最短4試合で優勝が決まることもあります。

日本シリーズでも通常シーズンと違う点が3つあります。

➀DH制の有無

日本シリーズでは、交流戦と同じ仕組みでパリーグの本拠地試合のみ、DH制が採用されます。

セリーグ球場で行われる試合は、DH制がないので、パリーグの投手も打席に立ちます。

※2020年は両監督の合意の下、全試合DH制で行われました。

※DH…「Designated Hitter」の訳語。攻撃時に投手の代わりに打席に立つ攻撃専門の選手。

 

②審判の人数

レギュラーシーズンは球審と各塁の塁審の合計4人ですが、日本シリーズではレフト・ライトにそれぞれ1人ずつ配置され、合計6人で行われます。

 

③予告先発の有無

日本シリーズの予告先発は行わないことになっていますが、両チームの監督が合意すると予告先発が行われます。

※2018年からは毎年、日本シリーズでも予告先発が行われています。

 

クライマックス シリーズ ・日本シリーズ 延長戦のルールも!

クライマックスシリーズ

2021年の開催ゲームでは延長回が行われません。9回を終わってもなお同点の場合には、引き分け試合となります。
※引き分けの場合は、再試合は行わない。

以下、各ステージの決着(ステージの勝ち上がり)が確定した時点でコールドゲームとなります。
(後攻チームがステージの勝ち上がりに王手で迎えた試合の場合)

①9回表の先攻チームの攻撃が同点のまま終了した場合。(9回裏は行わない)

②後攻チームが9回裏の攻撃をビハインドで迎え、その攻撃中に同点に追い付いた場合。
(同点となった時点でコールドゲームとする)

 

日本シリーズ

日本シリーズは通常通り延長戦を行うことが決定しました!

20日にパ・リーグ球団のホームゲームで開幕し、28日が第7戦となる予定。引き分けや雨天中止などで日程が延びた場合、29、30日は試合を行うが12月には持ち越さず、どちらかが4勝に到達していなくても30日時点の勝敗で日本一を決める。

勝敗が並んでいる場合は30日の試合で無制限の延長戦を行うが、1勝差の場合は十二回で打ち切って引き分けとし、勝ち越しているチームを日本一とする。リードされていたチームが勝ってタイとなった場合はタイブレークを実施。それまでの試合とは切り離して新たにメンバーを組み直し、無死一、二塁から攻撃する特別ルールで回数無制限で決着をつける。

引用:日本経済新聞(2021年11月4日)

 

まとめ

もうすぐ2年ぶりの『クライマックスシリーズ』が開催されます!

クライマックスシリーズの結果次第で、日本一になるチームが決まるので、見逃せない試合が続きますね。

今年の日本シリーズでは延長戦が行われるので、最後まで勝敗が分からないのも醍醐味です。

開催を楽しみに待ちましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。