ライブ

フジロック2022シャトルバスの始発・最終便の時間は?時刻表と混雑状況!

今年の夏も「フジロック」が開催されることが決定しました!

会場は苗場スキー場で、最寄り駅の越後湯沢駅からは少し遠い場所となっているため、例年シャトルバスを利用する方も多くいらっしゃいます。

フジロック2022のシャトルバスの始発・最終便の時間や、時刻表を確認しておきましょう!

また、毎年シャトルバスは混雑が予想されています。

どの時間が混雑しているのか混雑状況についても調べてみました!

今回は、

  • フジロック2022シャトルバスの始発・最終便時間は?
  • フジロック2022シャトルバス時刻表!
  • フジロック2022シャトルバス混雑状況調査!

などについてまとめてみたいと思います。是非参考になさってください。

 

フジロック2022シャトルバスの始発・最終便時間は?

フジロック2022のシャトルバスの始発・最終便の時間は以下となります。

越後湯沢駅⇔会場(始発・最終便)

「越後湯沢駅⇔会場」、「各駐車場⇔会場」間を、複数のシャトルバスがピストンで運行します。

田代・みつまた地区に宿泊の方も利用可能です。

【越後湯沢駅 → 会場(上り)】

◆7月28日(木)
・始発:12:00
・最終:24:00

◆7月29日(金)
・始発:7:00
・最終:24:00

◆7月30日(土)
・始発:7:00
・最終:24:00

◆7月31日(日)
・始発:7:00
・最終:24:00

◆8月1日(月)
・始発:なし
・最終:なし

【会場 → 越後湯沢駅(下り)】

◆7月28日(木)
・始発:13:00
・最終:25:00

◆7月29日(金)
・始発:8:00
・最終:25:00

◆7月30日(土)
・始発:5:00
・最終:25:00

◆7月31日(日)
・始発:5:00
・最終:25:00

◆8月1日(月)
・始発:5:00
・最終:12:00

フジロック2022公式HPへ

  • シャトルバス料金:1,000円
    (駅から会場までの乗車の際にお支払い。往路はリストバンドがあれば無料)
  • 駅から会場までは40分程度ですが、混雑時は1時間以上かかる場合もあります。
  • 混雑状況によっては乗車まで1時間以上待つこともあります。
  • 混雑状況によって、越後湯沢駅発の最終電車に間に合わない可能性があります。
  • シャトルバスが運行しない時間帯は、越後湯沢駅へは戻れません。

 

各駐車場⇔会場 (始発・最終便)

公式サイトによるとフジロック2022の駐車場は全部で5ヵ所あります。

「場内」「白樺」「浅貝」駐車場は徒歩圏内です。

少し遠い「田代」「みつまた」駐車場間はシャトルバスが運行します。

【駐車場 → 会場(上り)】

※田代駐車場~会場間 シャトルバス所要時間 約15分
※みつまた駐車場~会場間 シャトルバス所要時間 約20分

◆7月28日(木)
・始発:17:00
・最終:24:00

◆7月29日(金)
・始発:7:00
・最終:24:00

◆7月30日(土)
・始発:7:00
・最終:24:00

◆7月31日(日)
・始発:7:00
・最終:24:00

◆8月1日(月)
・始発:なし
・最終:なし

【駐車場 → 越後湯沢駅(下り)】

◆7月28日(木)
・始発:18:00
・最終:25:00

◆7月29日(金)
・始発:8:00
・最終:25:00

◆7月30日(土)
・始発:5:00
・最終:25:00

◆7月31日(日)
・始発:5:00
・最終:25:00

◆8月1日(月)
・始発:5:00
・最終:12:00

フジロック2022公式HPへ

  • 各日共、一部時間帯は越後湯沢駅〜会場間のシャトルが経由します。
  • 7月28日(木)の上りは12:30頃から越後湯沢駅〜会場間シャトルの経由有り。

フジロック2022シャトルバス時刻表!

フジロック2022のシャトルバスの細かい時刻表は発表されません。

例年15分間隔で運行しているそうなので、今年も同じように15分間隔でバスが奏功していると思われます。

フジロック2022シャトルバス時刻表

 

ただ、ピーク時には長蛇の列となり、1時間待ちもあり得ます。

フジロック2022シャトルバス混雑状況調査!

シャトルバスが混雑する時間は、

  • 駅・駐車場→会場までのバス・・・午前遅め~午後早めの時間
  • 会場→駅・駐車場までのバス・・・22:00前後

と予想されます。

 

フジロックで、最も人が多い時間帯が、21時のヘッドライナーの時間です。

また、夕方16時~18時からは人気アーティストのステージが割り当てられており、午後から一気に、会場内が人混みだらけになります。

物販などにも寄るとすると、夕方より前のお昼すぎから会場に向かう方が多いので、バスも自然と午後早めの時間は混雑することが予想されます。

 

また、帰る方が多くなるのが、ヘッドライナー終了後なので22:00前後になります。

会場のお客さんが一斉に帰り出すので、バスだけでなく、道中も混雑する道を通る可能性が高いです。

 

 

会場側もお客さんが帰れなくなることを避けるようにしているため、帰りのバスはかなり本数を増やして運行しているそうですが、会場までの行きのバスは、限りがあるため、混雑必須のようですね!

「バス待ちのせいで、見たいアーティストを見逃してしまった!」ということがないように、朝は時間に余裕をもって、早めにバス乗り場にいくことをオススメします。


まとめ

苗場スキー場で、行われる大型フェス「フジロック2022」

会場は、最寄り駅の越後湯沢駅からは少し遠い場所となっているため、例年シャトルバスを利用する方も多くいらっしゃいます。

シャトルバスの詳しい時刻表は発表されていませんが、例年通りだと、15分間隔で運行することが予想されます。

また始発は7:00や5:00台から運行を始め、最終は24:00や25:00ごろになりそうです!

会場に人が集まるのは、人気アーティストが登場する夕方からの時間帯になるので、バスもお昼ごろには混雑します。

また、帰りもヘッドライナーが終了する時間帯が混み合うので、22:00ごろから混雑し始めます。

朝早めの時間だと20分待ちほどで会場に着くことができるようなので、お目当てのアーティストが夕方出演だとしても、お昼までにはバスに乗っておくほうが良さそうですね!

今年はどんなステージになるのか、今から楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。